メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

1人だけの卒業式 リーダーの巣立ち涙で祝う 兵庫・西脇

下級生が作ったアーチを笑顔でくぐる宮下雄次さん=兵庫県西脇市立双葉小で2019年3月20日、広田正人撮影

 兵庫県西脇市内ならどこからでも通える「小規模特認校」の市立双葉小学校(同市住吉町、閑念智志校長)で20日、卒業式があった。卒業生は宮下雄次さん(12)ただ1人。来年創立100年を迎える双葉小に残る記録によると、戦後まもなく以降で1人だけの卒業式は初めて。明るく優しい人柄で下級生を引っ張ったリーダーの巣立ちを、皆が涙で祝った。【広田正人】

 小規模特認校は、児童数が少ない学校に校区外からの通学を認めるもの。県内は神戸に二つ、西脇、三田、養…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  3. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  4. 余録 「頂いたお酒を開けて家業を休み…
  5. 大阪市立総合医療センター 患者情報を誤送信 49人分 /大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです