メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長崎市中心部で浸水 大潮と「あびき」重なり JRも一時運行見合わせ

店内に水が入ってきた洋菓子店=長崎市銅座町で2019年3月21日午後9時18分、松村真友撮影

 21日午後8時半ごろ、長崎市中心部の沿岸部が広範囲に浸水し、道路や一部の店舗に海水があふれて110番や119番が相次ぎ、一時騒然となった。人的被害や建物被害は確認されていないが、JR九州が列車の運行を一時見合わせた。大潮と「あびき」という現象が重なったのが原因とみられる。

気圧変化で海面が急上昇

海水が引いた後も、ぬれたままの銅座町の路上=長崎市銅座町で2019年3月21日午後9時17分、松村真友撮影

 長崎市消防局などによると、午後8時半ごろ、長崎港に流れ込む浦上川や銅座川の周辺市街地などで、数キロの範囲にわたって道路が冠水。同市宝町のJR長崎線の下を通る道路(アンダーパス)は約30センチ浸水して一時通行止めとなった。同線の浦上駅―長崎駅間も安全確認のため列車の運行を一時見合わせた。

 一部店舗から店の床下などが浸水したとの通報があったが、大きな被害は確認されていない。中心部の洋菓子店で働く50代の女性は「突然、道路に水が流れてきて驚いた。店の一部にも水が入ってきた。潮っぽいにおいがした」と話していた。

 長崎地方気象台によると、21日は大潮で、長崎港は午後8時35分に満潮を迎えた。さらに長崎などの九州西岸でこの時期に起きやすい、気圧変化で海面が急上昇する「あびき」も発生し、浸水が起きたとみられる。【浅野翔太郎、松村真友】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  4. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  5. 在職老齢年金の廃止検討 政府・与党、高齢者の就労促す 高所得者優遇懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです