メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「タイミングのうまさで…」と自画自賛の無傷の12連勝・白鵬

白鵬(左)が栃ノ心を寄り切りで降す=エディオンアリーナ大阪で2019年3月21日、木葉健二撮影

 大相撲春場所12日目の21日、白鵬が栃ノ心を巧みに攻略した。右四つでがっぷり組むと、すかさず相手の上手を切って胸を合わせ、前に出て寄り切った。まわしを取ると力を発揮する大関を退け、「タイミングのうまさで上回った感じ」と自画自賛した。今場所は動きの良さが目立つが、四つ相撲でも力強さを示した。無傷の12連勝に「また頑張ります」と先を見据えつつ、優勝争いのトップを悠々と走っている。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
    2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
    3. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
    4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
    5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです