メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ゴーン前会長 再び保釈

「打って、走って、守る」野球の原点披露 イチローがバットを置く日が来るとは…

【アスレチックス-マリナーズ】八回裏、歓声に応えながらベンチに引き揚げるイチロー=東京ドームで2019年3月21日、梅村直承撮影

 イチローがバットを置く日――やがて来るのは当然なのに、なぜか永久に来ないような気がしていた。四半世紀近くも「イチローが試合に出てヒットを打つ」は日常的な風景だったのだから。

 実質的なデビューだった1994年、日本プロ野球初の200安打超えでブレークした時の衝撃の大きさを、当時を知らない若い人に説明するのは難しい。まさに「革命的」だった。

 一見華奢(きゃしゃ)な20歳の若者が、いとも簡単そうにヒットを打ち続ける。しかも強肩で俊足。言動は…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです