メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 被災3県で中断の無形民俗文化財、祭り復活39件中7割超 国、自治体へアンケ /福島

福島で残り10件、担い手不足

 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故で被災した福島、岩手、宮城3県の42市町村で、無形民俗文化財に指定された祭りの14%が中断したものの、うち74%は復活したことが、共同通信の調査で分かった。担い手不足という課題も浮き彫りになった。

 神楽や獅子舞などの無形民俗文化財は、国や都道府県、市町村が指定する。昨年12月~今年2月に文化庁と3県、42市町村にアンケートした。

 震災発生時に指定されていたのは272件で、39件が中断したが、うち29件は復活した。中断した39件…

この記事は有料記事です。

残り882文字(全文1131文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 川崎中1殺害 「暴行中に殺意」リーダー格の19歳少年
  3. しらかば帳 また帰ってきます /長野
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 「可能性得た」川口祖父母強殺の元少年「こども応援ネット」にメッセージ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです