メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

トヨタにみる「変わる春闘」 「ベア非公表」には課題も=小倉祥徳(中部報道センター)

「話し合い」を重視するトヨタ自動車の春闘の労使交渉には、豊田章男社長以下経営側約120人と労組側約230人が勢ぞろいする=2018年5月9日、玉城達郎撮影

 2019年春闘で主要企業の回答が出そろった。国内最大のトヨタ自動車では、平均賃上げ額は月1万700円で前年を1000円下回った。水準以上に注目されたのが、賃金を底上げするベースアップ(ベア)を非公表としたことや、一律の賃上げでなく意欲や成果に応じて重点配分する方針で労使が合意したことだ。今年の「変わる春闘」を象徴したが、既に賃金が高水準で、労使の一体感が強いトヨタだからできた面も強く、こうした「トヨタ方式」が他企業に広がることには課題もあると感じている。

この記事は有料記事です。

残り1806文字(全文2036文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 千葉 「記憶ない…」私立高副校長が泥酔し女湯に侵入
  4. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです