メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長期金利

低下進む 2年4カ月ぶり、マイナス0.075%

 22日の東京債券市場は、長期金利の指標となる新発10年物国債の利回りが前営業日(20日)終値比0・035ポイント低い(債券価格は上昇)マイナス0・075%まで低下して大方の取引を終えた。2016年11月以来、約2年4カ月ぶりの低水準となった。この日は一時、マイナス0・08%まで下がる場面もあった。20日の米連邦準備制度理事会(FRB)が市場の想定以上に利上げに慎重だったことを受け、安全資産とされる国債を買う動きが世界的に強まった。

 米国経済の減速懸念が強まり、21日のニューヨーク市場では米長期金利が一時、1年2カ月ぶりの低水準と…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  5. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです