メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災8年・首長に聞く

室井照平・会津若松市長 市の魅力訴え続ける 観光復興へ広域連携強化 /福島

 --昨年は戊辰(ぼしん)戦争150年の節目で、さまざまなイベントが企画された。

 多くの人たちと会津の歴史的意義を共有できたし、歴史と伝統に裏付けされた市の魅力を打ち出せた。県内の他市町村でも記念事業が実施され、県全体の復興への機運につながったと思う。観光客数はNHK大河ドラマ「八重の桜」(2013年)以後、横ばい傾向にあったが、昨年は前年より9万3000人増の306万4000人。戊辰150年で発信を強化したのが大きかったのではないか。

この記事は有料記事です。

残り1339文字(全文1559文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. USJ入場料、10連休中「過去最高額」に 混雑緩和なるか?
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 内村航平が予選落ち 体操全日本選手権
  4. USJ年間パス、帰省費を補助…保育士不足に大阪市が奇策
  5. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです