メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災8年・首長に聞く

室井照平・会津若松市長 市の魅力訴え続ける 観光復興へ広域連携強化 /福島

 --昨年は戊辰(ぼしん)戦争150年の節目で、さまざまなイベントが企画された。

 多くの人たちと会津の歴史的意義を共有できたし、歴史と伝統に裏付けされた市の魅力を打ち出せた。県内の他市町村でも記念事業が実施され、県全体の復興への機運につながったと思う。観光客数はNHK大河ドラマ「八重の桜」(2013年)以後、横ばい傾向にあったが、昨年は前年より9万3000人増の306万4000人。戊辰150年で発信を強化したのが大きかったのではないか。

この記事は有料記事です。

残り1339文字(全文1559文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  4. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  5. 夫「大切な2人失ってつらい」 池袋暴走、母娘の告別式

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです