メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

短編映画

新地小児童が製作 こどものみらい映画祭で上映 「ふるさと」テーマの3編に拍手 /福島

 新地町立新地小の6年生31人が「ふるさと」をテーマに製作した3編の短編映画が23日、新地町の農村環境改善センターであった第10回福島こどものみらい映画祭(事務局・伊達市)で上映された。仲間との友情や、東日本大震災からの復興の途上にある町の風景を描いた力作に、60人以上の観客が温かい拍手を送った。

 子どもたちは今年1月の3日間、町内の山や海、小学校の校舎などを舞台に製作。「ホームレス中学生」(2008年)などを手がけた映画プロデューサー、前田茂司さん(56)率いる講師陣の指導を受け、脚本作りや演技、撮影を子どもたち自らが行った。

 完成した作品には、町外の中学へ進学する主人公が、町を見渡せる鹿狼山(かろうさん)に級友らと登って友…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  2. 2億円超記載漏れ「常軌を逸している」 維新との対決を評価する声も 堺市民の声
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  5. 幼稚園バスなど5台絡む多重事故で2人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです