メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国債

金利が長短逆転、11年半ぶり 景気後退前兆か

22日のニューヨーク市場で株価は大幅に下落した=ニューヨーク証券取引所で、ロイター

 【ワシントン中井正裕】ニューヨーク債券市場で22日、3カ月物国債の利回りが10年物の利回りを上回る「長短金利逆転(逆イールド)」が2007年8月以来、約11年半ぶりに発生した。市場では景気後退の前兆とされており、投資家心理が悪化。同日の株式市場で株価が急落した。

NY株急落 460ドル安

 ニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均の終値は、前日比460・19ドル安の2万5502・32ドルと、2週間ぶりの安値をつけた。下げ幅は1月3日(660ドル安)に次いで今年2番目の大きさとなった。

 逆イールドの要因は、世界経済の失速懸念の強まりだった。22日はユーロ圏と米国の製造業関連の景気指標…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 指原 NGT運営バッサリ 山口真帆の気持ち「考えるべき」(スポニチ)
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 維新が兵庫で勢力拡大 大阪の勢い取り込み 県内市議選、18人中17人当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです