メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

盤上の風景

/32 将棋 畠山成幸八段 独特の存在感示し30年 /大阪

感想戦で藤井聡太七段との対局を振り返る畠山成幸八段=大阪市福島区の関西将棋会館で、新土居仁昌撮影

畠山成幸八段(49)=大阪市在住

 1989年にプロ棋士になり、今年で30年。今月8日に指した藤井聡太七段との竜王戦4組ランキング戦がちょうど1000局目の対局となった。昭和の時代にはやった「ひねり飛車」ふうの戦法を繰り出し、112手で敗れたものの、「節目の将棋を藤井さんと指せたのはうれしかったですね」と笑顔を見せる。名人戦に連なる順位戦はB級2組に所属。在籍期間は連続23期に及び、50歳を迎える新年度からは24期目の戦いに入る。また、英語やフランス語を独学で身に着けるなど、独特の存在感を示している。

 札幌市で暮らしていた小学生時代、アイスホッケーの選手にあこがれ、双子の弟と一緒にスケートに熱中した…

この記事は有料記事です。

残り1311文字(全文1613文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  2. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  3. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです