メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

張競・評 『クララ・ホイットニーが綴った明治の日々 日記で読む日本史18』=佐野真由子・著

 (臨川書店・3564円)

手堅い考証で日記を読む手本示す

 本書はクララ・ホイットニーという、一八六〇年生まれのアメリカ人女性の手になる日記を手掛かりに、明治史を読み直そうとしたものである。 クララは一八七五年八月三日、父親の仕事で来日し、二十五歳のときに勝海舟の三男梅太郎と結婚した。長らく日本に滞在し、「勝海舟の嫁」として知られる人物である。

 彼女は遅くとも十二歳のころから日記をつけ始め、東京で過ごした日々の中で見聞きしたことをつぶさに書き…

この記事は有料記事です。

残り1228文字(全文1450文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  4. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです