メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

プロ野球育成制度って? 若者の受け皿を増やす 最低年俸は230万円=回答・中村有花

育成選手制度出身として活躍するDeNAの国吉投手

 なるほドリ プロ野球のDeNA・国吉佑樹投手(27)が161キロの豪速球を投げて話題になったけど、すごいね。

 記者 今季、ソフトバンクの千賀滉大投手(26)も161キロを計測(けいそく)。2人とも育成選手制度出身の選手です。

 Q 育成選手制度とは?

 A プロを目指す若者の受け皿を増やすため、2005年から始まりました。1軍でプレーできる選手として契約するには、実力が足りないけれど、将来性のある選手を通常のドラフト(新人選手選択)会議とは別に行われる育成ドラフト会議で獲得します。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  4. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです