メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

蔵書拝見

小野寺五典氏/上 「バルト海のほとりにて」武官の妻の大東亜戦争 現場の本音、親身に

 2012年に防衛相に初めて就任した頃、書店で「武官」の字に目が留まり、著者が「小野寺さん」ということで手に取った。残念ながら縁戚の方ではなかったが、本の内容はとても深かったですね。

 著者の夫、信(まこと)氏は在外公館の駐在陸軍武官(現在の防衛駐在官)で、外国の情報を集めて日本に送っていた。第二次大戦終盤にはヤルタ会談でのソ連の対日参戦密約を察知し、本国に警告した。だが当時の軍部や政界には「ソ連の参戦はない」という誤った空気感があった。決定的な情報は無視され、シベリア抑留や北方領土問題につながった。

 「こんな人がいたんだ」と率直に感じ、指導者が情報に基づく判断をせず、空気に流されて国民を悲惨な状況…

この記事は有料記事です。

残り866文字(全文1168文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  4. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  5. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです