メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生態園をつくろう

     生態園とは学校や園の中に生物を呼び込むための環境(学校ビオトープ)のことです。毎日新聞社と国際花と緑の博覧会記念協会が2003年度から、参加校を募集し、生態園の整備を支援する事業「生態園をつくろう!」を始めました。観察や手入れを通じて、自然と生き物の関連性や「いのち」を理解する一助にしてもらう狙いがあります。
     これまで応募、入選した約70校が、独自案に基づき生態園を作り、教育に役立てています。PTAや自治会など地域の人々の参加も歓迎しています。参加校・園の募集は、こちらや毎日新聞の紙上で毎年5〜8月ごろ(今年は8月21日まで)行います。問い合わせなどは花博記念協会(電話06・6915・4516)へお願いします。

清和小学校(尼崎市立)

雲中小学校(神戸市立)

桜小学校(寝屋川市立)

佐太小(守口市立)

矢田西小学校(大阪市立)

桜橋小学校(東大阪市立)

志都美小学校(奈良県香芝市立)

三石小学校(和歌山県橋本市立)

清渓小学校(大阪府茨木市)

刑部小学校(大阪府八尾市)

智弁学園中学校(奈良県五條市)

西宮浜小学校(兵庫県西宮市)

北田辺小(大阪市)

止々呂美小・中学校(箕面市)

駒ケ林小学校(神戸市)

中筋小学校(京都府綾部市)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ
  5. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです