メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生態園を整備する学校・園を募集

     国際花と緑の博覧会記念協会と毎日新聞社は、動植物を呼び込む「生態園」(ビオトープ)を作り、学校活動などに生かす小中学校や幼稚園・こども園・保育園を募集します。子どもが自然と生き物の関連性や「いのち」について理解を深める一助としてもらいます。
     対象は近畿2府4県で、国公立、私立を問いません。学校・園側で生き物の生態を観察する場の設置・整備計画(バタフライガーデン、生き物田んぼ、トンボ池、野草広場、ホタルやカブトムシ飼育場など)を提出。PTAや地域住民との交流の場(観察会、種苗の配布など)としての活用も歓迎します。
     計画を審査し、10月までに4校程度を決定。今年度内に順次施工します。対象校には来年度から1年間、毎月1回、簡単に近況などを毎日新聞に報告してもらいます。
     応募は、専用の申込書に記入し、8月20日までに花博記念協会生態園係へ郵送(〒538―0036 大阪市鶴見区緑地公園2の136)かファクス(06・6915・4524、電話06・6915・4516)で。
    【パンフレット(PDF)】【応募要領(PDF)】【申込書(DOC)】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  2. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  3. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  4. 特集ワイド 道徳教材、透ける「押し付け」 中学教科書、開いてみると…
  5. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです