メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブラック・チェンバー・ミュージック

「ブラック・チェンバー・ミュージック」は、米朝の駆け引きが続く国際情勢を背景にしたフィクション。日本で散逸した幻の「ヒッチコック論文」を、北朝鮮からの密使と日本人のペアが捜すことになります。謎めいた物語をお楽しみください。

    プロフィル

    著者・阿部和重

    1968年山形県生まれ。日本映画学校卒業。1994年に「アメリカの夜」でデビュー。以後、ポップカルチャーをちりばめた世界観や緻密な描写で評価と人気を集めた。2005年「グランド・フィナーレ」で芥川賞。「シンセミア」(毎日出版文化賞など)「ピストルズ」(谷崎潤一郎賞)に続く、出身地を舞台にした「神町トリロジー」の完結編「オーガ(二)ズム」を9月26日に文芸春秋から刊行。

    写真・相川博昭

    1969年神奈川県生まれ。日本映画学校を91年に卒業。映像制作や写真撮影が専門で、現在、フリーの写真家として活動。映画学校で同級生だった作家・阿部和重さんと親交があり、阿部さんの過去作品「シンセミア」の雑誌連載でもタッグを組んだ。青山真治監督の映画「エリ・エリ・レマ・サバクタニ」のスチールなども手がけた。

  • /51 阿部和重 写真・相川博昭

    「それもそうか」「うん、せっかくかけてきてくれたのに、ごめんなさいねえ」「こちらこそ、タイミングが悪くてすみません」「とりあえず、わたしは寝たほうがいいみたいだ…

  • /50 阿部和重 写真・相川博昭

    「横口健二です」 声が少々うわずってしまったかもしれない。電話なので顔色の変化などを目視できず、どう転びそうかの予測を立てられぬため、執行猶予期間中の男は寒空の…

  • /49 阿部和重 写真・相川博昭

     なんだかんだやっているうちに九時をまわってしまったから、空腹感も桁はずれだが、それと同時に脳裏では、明後日とさだめられた期限がちらつきだしていた。 反社会性と…

  • /48 阿部和重 写真・相川博昭

     なにしろ彼女とは、会話はおろかいまだまともに意思の疎通をはかってすらいない距離にある。それゆえほかの客がいるなかで変に目だってしまうおそれがあるから、ひとごみ…

  • /47 阿部和重 写真・相川博昭

    「わかってねえよ。どうせトイレの場所も教えてやってねえんだろうが」「あ、そっか」「もっと想像力つかえよ監督。北朝鮮からきてんのにおまえんちの間どりなんざ知ってる…

  • /46 阿部和重 写真・相川博昭

    「あのな健二くん。こうしろよって、書いてあるとおりにやってねえっつうことは、それ読んだうちに入んねえんだよ。常識的に。よくおぼえとけ」「はあ」「で、どこまで進ん…

  • /45 阿部和重 写真・相川博昭

     しかし混乱の余波なのか、電話がかかってきたところだとハナコ(、、、)に見てとってもらうべく、体が勝手に大仰な身ぶりをとってしまってこれまた恥ずかしいと感ずる。…

  • /44 阿部和重 写真・相川博昭

     部屋は二階なのだしそれほど神経質にならなくてもよくないか、という気もしないではない。 だが、近隣数軒の二階窓からならのぞくのがむつかしくない位置ではあるので、…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  2. ORICON NEWS 窪田正孝&水川あさみが結婚 正式発表「にぎやかで面白い家庭を」[コメント全文]

  3. 松井・大阪市長の処理水発言に、近隣県知事らが異論

  4. 沖澤のどかさん、ブザンソン指揮者コン優勝 小澤征爾さんや佐渡裕さん輩出

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです