メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

田老地区 母と子

  • 3・11それから
    ’17春/中 再び夢への一歩 父が導いてくれた

     ◇これまでの記事 岩手県宮古市田老地区の消防団員、山本幸雄さんは49歳のときに東日本大震災で津波にのまれ、今も行方が分からない。長女の永都さんは看護師の母ヒデ…

    (2017年05月17日 03:31)

  • 看護師の夢へ再挑戦 娘をそばで支える母

     壇上へ向かう足が震えた。震災から4年たった3月11日。岩手県宮古市の追悼式で、山本永都(ひさと)さん(21)は遺族代表としてあいさつした。 「なぜ父が水門を閉…

    (2015年04月14日 15:25)

  • 父さんの背、抜いたよ 家族3人、互いを力に

     ◇これまで 岩手県宮古市田老地区の消防団員だった山本幸雄さんは、東日本大震災で水門を閉めようとして波にのまれ、今も行方が分からない。震災翌年の春、長女の永都さ…

    (2014年05月11日 16:44)

  • 高台に新居 家族を包む、ぬくもり

     ◇これまで 岩手県宮古市田老地区の消防団員、山本幸雄さんは東日本大震災で水門を閉めようとして津波にのまれた。震災から4カ月後、行方が分からないまま妻のヒデさん…

    (2013年03月24日 16:37)

  • 看護の道へ巣立ちの春

     ◇これまで 岩手県宮古市の田老地区で水門を閉めようとして津波にのまれた消防団員、山本幸雄さんは今も行方不明のまま。残された家族は市街のアパートで新生活を送る。…

    (2012年03月08日 16:28)

  • 葬儀決意 父とも家とも別れ

     ◇これまで 「万里の長城」と呼ばれた防潮堤に守られながらも、東日本大震災で多くの死者・行方不明者を出した岩手県宮古市田老地区。養殖業の山本幸雄さんの行方も分か…

    (2011年09月04日 16:23)

  • 前向いて歩く 大学進学、あきらめぬ

     ◇これまで 「万里の長城」と呼ばれた防潮堤に守られながら、200人近い死者・不明者を出した岩手県宮古市田老地区。看護師の山本ヒデさん(45)の夫で、養殖業をし…

    (2011年06月05日 16:17)

  • 離れても、力になりたい 夫が愛した、海と故郷

     すべてをさらった海は、日差しにきらめき穏やかだった。4月3日。山本ヒデさん(45)は、長女の永都(ひさと)さん(17)、長男の一慶(いっけい)君(12)と一緒…

    (2011年04月24日 16:09)

南相馬 娘3人と暮らす女性

浪江 老夫婦

陸前高田 母亡くした兄弟

陸前高田 流された「そば屋」

石巻 娘2人を亡くした夫婦

東松島 ノリ漁師

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. 日本のファーウェイ排除方針、中国が非難
  3. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  4. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定
  5. 政府、ファーウェイの排除へ 米国に歩調

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです