メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アートの地平から

  • 感性に形を与える=住友文彦

     出入国管理法の改正は簡単な問題ではないが、ずさんな調査や計画の背後にあるのは自分以外の生について想像する感性の欠如ではないだろうか。 インドネシアの美術家、イ…

    (2018年12月08日 02:08)

  • 過去の記憶と向き合う=住友文彦

     壁の塗装がだいぶ剥がれ落ちた建物の上部を鮮やかな黄色の幕が覆っている。にぎやかな通りに面しているが、入居者はまばらにみえる。その幕には「5月18日の朝は少し冷…

    (2018年10月13日 02:07)

  • 内藤礼の作品世界=住友文彦

     天井から降り注ぐ光の中で、微(かす)かに揺れる糸をじっと眺める。外の暑さを一瞬忘れて、静かに集中する時間が流れる。非日常的な空間で意識をひとつのものに穏やかに…

    (2018年08月11日 02:04)

  • 「農村」を問い直す=住友文彦

     ロンドンからおよそ2時間電車に揺られ、さらに車に乗ること20分という田園地帯にある小さなギャラリーに大勢の観客が押し寄せる展覧会を見てきた。展示物は農家や鉱山…

    (2018年6月9日 02:10)

  • ラオスで考えたこと=住友文彦

     先月は香港と東京で恒例のアートフェアが行われた。作品の評価はどのように決まるのか。評価を「価格」に限れば、歴史的な文脈を叙述するミュージアムと新しい商品を求め…

    (2018年4月14日 02:21)

  • 作品と響き合う空間=住友文彦

     1枚の絵を見る行為がいかに複雑なものか。中国・広州にある「鏡花園(ミラードガーデン)」で行われていた王音(ワンイン)の展覧会(4月15日まで)を見たとき、それ…

    (2018年02月10日 02:13)

  • 科学と芸術の間=住友文彦

     「ポケモンGO」や通販サイトなどでおなじみになりつつある拡張現実(AR)と同じくらい、アーティスティック・リサーチ(AR)という言葉が浸透してほしい。これは芸…

    (2017年12月9日 02:04)

  • 「周縁」の豊かな可能性=住友文彦

     地域の伝統文化が美術に与える影響は非西洋圏では無視できない。アジアの文化施設や教育機関が西洋文化を規範に成立させた「モダニズム」とは別に、各地域の伝統的な表現…

    (2017年10月14日 02:03)

  • 鑑賞者の秘密=住友文彦

     自分が勤める美術館で作品を見ている人がいると何を話しているのだろう、どんな作品に関心を持つだろう、とついじっと見てしまう。他の美術展に行っても、企画者が意図し…

    (2017年8月12日 02:03)

  • 常設展示の可能性=住友文彦

     美術館に行くと企画展示は行列ができているのに常設展示は人もまばらなのは、メディアの宣伝に振り回される人たちが多いからなのか、見せる工夫が足りないからなのか。日…

    (2017年6月10日 02:03)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仕事の現場 声優 野沢雅子さん 業界の先駆者 地位改善運動も
  2. WEB CARTOP ここまで課税するか! 多すぎる自動車関連の税金種類とその用途とは
  3. 防府読売マラソン 川内が2年連続4度目の優勝
  4. 内閣支持率37%、不支持率40% 2カ月ぶり逆転 毎日新聞世論調査
  5. 粗悪学術誌掲載で博士号 8大学院、業績として認定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです