メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

生活の営みが豊かになる情報を提供します。

  • 思春期に伝えたい性の知識

     成長に伴う体の変化や妊娠の仕組み、マスターベーションの方法――。「性」に関する誤った知識や不確かな情報に基づく行動は、将来の不妊や大きなトラブルにつながる可能…

  • 着物の右前、相手にy見せ

     和装に慣れていない人は戸惑いがちな着物の「右前」と「左前」。正しい合わせ方は右前だが、どこから見て「右」や「前」なのかを分かっていないと、余計に混乱する。覚え…

  • 休暇満喫、仕事の連絡お断り

     休日は会社の電話やメールからすっかり解放される――。通信手段が発達し、公私の境界線が曖昧になる中、勤務時間外に会社からの連絡に応じなくてよいという「つながらな…

  • 支出見直し増税に備え

     10月から消費税が現在の8%から10%に上がる。幼児教育・保育の無償化や新たな給付金などの対象者ではない人にとっては負担が増える。家計負担を軽減するためには個…

  • 備える時間有効に 台風対策

     昨年は大阪、今年は首都圏を台風が直撃し、大きな被害をもたらした。ただ、台風は数日前から進路予報が示され、準備の時間がある。家庭でできる備えをまとめた。 ●明か…

  • 食卓目指せ陸サーモン

     すしネタなどで人気のサーモンを、海から離れた内陸部で養殖する試みが進んでいる。かつては加熱調理が一般的だったサケ・マスは生食用が広く流通するようになり、その大…

  •  「いのちのドア」 母と子守れ

     神戸市北区の「マナ助産院」が、思いがけない妊娠に悩む女性に向けた24時間対応の相談窓口「小さないのちのドア」の運用を始めてから今月1日で1年となった。全国から…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ORICON NEWS 上戸彩、第2子出産後初公の場 変わらぬ美貌&スタイル披露

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです