メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

  • 障害者への「合理的配慮」戸惑う学校現場へ 共生教育の事例収録

     この春で施行から2年になる障害者差別解消法には、「合理的配慮」という新しい考え方が貫かれている。障害のある人が障害のない人と同等の権利を行使できるよう、社会の…

    (2018年02月23日 16:14)

  • マイタケ足して糖尿予防

     健康診断で血糖値が正常値でも油断できないという隠れ糖尿病境界型「食後過血糖」。その予防には、いつもの食事にマイタケをちょっと加える「まい足し」料理がお勧めだ。…

    (2018年02月17日 02:05)

  • 手作りみそ、泉州の老舗が指南 寒仕込み、ぐっとおいしく

     納豆やしょうゆ、ヨーグルトなど発酵食品のブームが続く中、気軽に手作りできるみそが人気だ。特に1~3月に造られたみそは「寒仕込み」として、おいしさも格別だ。今も…

    (2018年02月16日 17:20)

  • 忍耐終わり、楽しい今 「卒母ーズ」座談会

     昨年5月、漫画家の西原理恵子さんが「卒母(そつはは)」宣言をしました。「母親業」を卒業し、第二の人生を楽しむという生き方の提案です。本紙は7~9月、読者投稿「…

    (2018年02月16日 02:10)

  • 人と人結ぶ「旅する八百屋」

     全国の生産地を巡り、主に自然栽培の農作物を無店舗販売する「旅する八百屋 青果ミコト屋」(横浜市青葉区)が、創業8年目を迎え、独創的なスタイルで注目を集めている…

    (2018年02月11日 02:05)

  • 冷凍野菜でいつでも「旬」を

     天候不順の影響で、野菜の価格高騰が続いている。家計はピンチ、でも野菜は食べたい--。そこで、市販の冷凍野菜のおいしい調理法を、マノ料理学園(東京都武蔵野市)の…

    (2018年02月10日 02:02)

  • 婦人保護事業、現場求める「新たな法整備」 時代に合った女性支援を

     DV(ドメスティックバイオレンス)、性虐待などの暴力被害や貧困、障害--。生きづらさを抱える女性を支える「婦人保護事業」について、支援現場から「現行制度ではニ…

    (2018年02月09日 15:26)

  • 豆から楽しむ大人のチョコ

     カカオ豆の調達や焙煎(ばいせん)から成型までを自社の工房で手がけるチョコレートの人気が広まっている。「カカオ豆から板チョコへ」を意味する「ビーン・トゥ・バー」…

    (2018年02月09日 02:02)

  • エクセレント大賞 子の信頼ベースに学習支援 東京のNPO

     社会課題の解決に尽力するNPO(非営利組織)を顕彰する「第5回エクセレントNPO大賞」の大賞に、貧困や家庭の事情で学習機会が限られた子どもへの学習支援に取り組…

    (2018年02月03日 02:04)

  • どう対策 子どもの花粉症

     2月から4月にかけ、くしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみなどの症状が表れるスギ花粉症。国民の4人に1人が発症すると言われるが、低年齢の患者も目立つ。子どもの花…

    (2018年02月02日 15:32)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 平昌五輪 和やかなフィナーレ 閉会式、選手77人参加
  2. 御堂筋線なんば駅 16キロ分天井ボード落下 漏水原因か
  3. 訃報 左とん平さん80歳=俳優 「時間ですよ」
  4. 裁量労働制 対象拡大反対の緊急デモ 1000人が訴え
  5. 本社世論調査 裁量労働制の対象拡大「反対」57%

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです