メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

生活の営みが豊かになる情報を提供します。

  • 出生秘密 葛藤緩和に新手法

     カップル以外の精子や卵子の提供を受けて生まれた人が、成長後に初めて事実を知り、自己と葛藤する。精神面での支援策として、社会福祉分野の手法「ライフストーリーワー…

    (2018年10月15日 02:05)

  • 箸袋折って食卓に華やぎ

     割り箸や祝い箸を包んでいる箸袋を使った折り紙が、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などで話題を呼び、海外からも注目されている。日本ならではの箸袋…

    (2018年10月13日 02:01)

  • 子どもの心のケア 大学と小学校タッグ 不安の対処法、遊び感覚で習得

     近年、うつ病や不安障害など、子どもの精神疾患に関心が高まっている。海外では子ども向けの予防教育を導入している国があり、国内では京都府と同志社大学が府内の公立小…

    (2018年10月12日 15:08)

  • 催し「ラベンダーリングデイ」 がん経験者の笑顔は力 メークして「イケてる私」プロが撮影

     がんへの偏見をなくし、がんになっても笑顔で暮らせる社会を目指すイベント「ラベンダーリングデイ」が先月、大阪市内で開かれた。がん経験者にメークを施した後、写真家…

    (2018年10月12日 15:08)

  • 「吃音」親子で向き合う

     「吃音(きつおん)」のある子どもを持つ親の会が、全国に広がっている。接し方に悩む親たちが集い、親子で吃音という障害に向き合い始めた。 ●悩み語り情報共有 吃音…

    (2018年10月08日 02:10)

  • 増える廃校 活用で地域振興

     少子化に伴って近年、全国で年に約500校の公立学校が廃校になり、役目を終えた校舎の活用が課題になっている。文部科学省などは今夏、自治体や企業にさまざまな実践例…

    (2018年10月05日 15:53)

  • いじめの解決策を議論 「ソーシャルアクションラボ」シンポ

     「1ミリ、世界をいい方へ」を合言葉に、記事掲載と意見交換を通じ、いじめなど社会課題の解決に一歩踏み出そう。毎日新聞の特設サイト「ソーシャルアクションラボ」の取…

    (2018年10月05日 02:07)

  • 高齢者の製品事故防ぐには

     高齢者が介護ベッドや電動車いす、ガスこんろなど身近な製品を利用する際、身体能力の低下に伴い、事故が起こりがちだ。経済産業省所管の独立行政法人「製品評価技術基盤…

    (2018年10月01日 02:02)

  • 「光コラボ」契約に注意 トラブル後絶たず 相談半数が60歳以上

     NTT東西と結んだインターネットの光回線契約を、勝手に別業者に変更され、料金が高くなったなど、NTT東西から回線を借りてサービスを提供する「光コラボレーション…

    (2018年10月1日 02:02)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
  2. 今どきの歴史 世界遺産候補 百舌鳥・古市古墳群(大阪府) 悩ましき被葬者論争
  3. 強盗 現金5100万円奪われる 顔面に液体塗りつけられ
  4. 事故 バイク3台転倒、男女6人死亡2人重傷 奈良の国道
  5. 消費増税 19年10月から10% 安倍首相 閣議で表明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです