メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

  • 進学資金、計画的に備え

     大学入学シーズンを前に、受験生家庭の多くでは進学資金の手当てが焦点になったはずだ。今や2人に1人の大学生は何らかの奨学金を受けている。いざという時に困らないた…

    (2017年03月25日 03:17)

  • 正しく歩いて痛み知らず

     歩くことは手軽にできる健康法だ。陽気がよくなるこの時期は、散策するのも楽しい。しかし、正しいフォームで足を運ばないと、膝や腰にトラブルを招きかねないという。あ…

    (2017年03月24日 02:40)

  • 共働き さあ復職、役割話し合って

     子どもの進級・進学、職場の人事異動と、人間関係や生活環境が大きな変化を迎える季節。「育休職場復帰セミナー」をのぞいてみました。育児休業取得者でなくても、仕事と…

    (2017年03月19日 02:39)

  • 朝食抜き、脳出血リスク上昇

     1日の始まりの朝食。食べた方がいいのはなんとなくわかっているが、最近の研究で「食べた方が生活習慣病のリスクを下げる」という見方が確実になってきた。朝食には、生…

    (2017年03月15日 02:52)

  • 小学生の持ち物の片付け、プロが指南 使い道見極め、子どもと整理

     子どもたちの進級や卒業の季節がやってきた。6年間という長い時間を過ごす小学校時代、子どもの持ち物はどんどん増えていく。学年が上がって使わなくなった教科書やドリ…

    (2017年3月13日 15:47)

  • 医療ボランティアの力

     医療の現場では、患者への手厚いケアが望まれる。医療者や病院職員だけでは手が回らないがそんな時、「医療ボランティア」にできることは少なくない。患者へのさりげない…

    (2017年03月08日 02:21)

  • のみ込めない人の介護食

     高齢や病気の後遺症で食べる力が落ちた人のために医療・介護施設で出される、かみやすく、のみ込みやすい介護食。療養介護の在宅シフトが進む中、家庭でも同様の食事が必…

    (2017年03月04日 02:37)

  • 離職した若者の就労支援

     中卒で7割、高卒で5割の若者が3年以内に辞めると言われる中、高校中退や早期離職した若者らを専門に受け入れ、就職支援する会社が現れている。職業へのモチベーション…

    (2017年03月03日 02:18)

  • 熊野古道 保全に民間の力

     道の世界遺産として知られる「熊野古道」を守ろうと、和歌山県が保全事業を進めている。「道普請(みちぶしん)」という活動で、企業や団体の有志ボランティアが道を修復…

    (2017年02月23日 02:14)

  • 若手落語家、若者つかむ

     この演芸場には長い歴史がありまして、場内に伝統芸能の貴重なものがいろいろあるんです。中でも珍しいものは何かって? お客ですよ--というのは昔の話。若手落語家を…

    (2017年02月22日 02:47)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 暴行無罪 裁判官お見事 でっちあげ、LINEで浮上
  2. 小池百合子都知事 TGC登場に会場どよめき 女性客ら大歓声
  3. 露ブロガー 「メドベージェフ首相は腐敗」動画に視聴殺到
  4. 長野防災ヘリ墜落 9人全員死因判明 8人が「多発外傷」
  5. 上越新幹線 唯一の2階建て「E4系」が全廃へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです