メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ザッピング

  • ノムさんが残したもの

     プロ野球で戦後初の3冠王を獲得し、監督としても3度の日本一に輝いた野村克也さんが11日、84歳で死去した。球界などから惜しむ声が絶えないが、テレビの記事を担当…

  • 世代交代で更なる極みへ

     先日、世代交代を実感する出来事があった。さまざまな地方の習慣やグルメを紹介するバラエティー「秘密のケンミンSHOW」(日本テレビ系、木曜午後9時)を4月にリニ…

  • 会長交代劇の実相は?

     NHKの上田良一前会長が1月下旬、1期3年限りで退任した。実直な手法で、番組のネット常時同時配信の実現に道筋をつけるなどしただけあって、局内外に惜しむ声も多い…

  • ネット動画、高まる存在感

     インターネットの動画コンテンツの“存在感”の高まりを感じた。1月2日にNHKで放送された恒例の「新春TV放談」では毎年、前年の人気テレビ番組をランキングで紹介…

  • 封印解き自分らしく

     大みそかの夜、東京・渋谷のNHKには紅白歌合戦を取材する各紙の記者らが集まる。昨年の紅白の取材中、記者たちが「おおっ」とざわめいたのは、氷川きよしが歌い始めた…

  • 常時じゃない「常時同時配信」

     今年の放送界の大きなトピックの一つは、NHKが春に開始を予定するテレビ番組のインターネットでの「常時同時配信」だろう。かぎかっこ付きで「常時同時配信」としたの…

  • 今から楽しみな今年の「顔」

     昨年の大みそかに放送された第70回NHK紅白歌合戦を見て、「この1年間でどういう人が活躍したのかがよく分かるな」と実感した。ヒット曲を披露する出場歌手の他に、…

  • ドラマで顧みる働き方

     年末となり、今年のドラマを振り返る記事を読むことが増えたが、私の一押しは4~6月放送のTBS系「わたし、定時で帰ります。」だ。残業せずに定時で帰ることをモット…

  • 「白いご飯」の増量期待

     NHKEテレの幼児番組「おかあさんといっしょ」が、優れた文化活動に贈られる今年の菊池寛賞に選ばれた。番組が今年、放送60周年を迎えたことを記事にしただけに、そ…

  • 不祥事の“気配”を残すな

     芸能人の薬物事件や不祥事で、出演場面のカットや撮り直し、放送見送りが決まると「作品に罪はない」「そのまま放送すべきだ」という反論が上がる。私もこの意見に賛同し…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. 武漢のアフリカ留学生「見捨てられたも同然」 5000人帰国できず「心折れそう」 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです