メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

うちわ話

  • 負けず嫌い /香川

     「歌下手だね」。大学生の時、所属していた軽音サークルの代表にそう言われた。ギターボーカルだった私には痛い言葉だった。 その日からカラオケに通い始め、採点機で9…

  • 香川にありがとう /香川

     今月末で観音寺通信部から和歌山県の田辺通信部へ異動となる。文章では感謝をうまく表現できないが、最後に皆さんに「ありがとうございました」としか言えない。まだまだ…

  • 甲子園の優勝 /香川

     今夏の甲子園は、履正社(大阪)が初めての優勝を果たした。決勝で対戦した星稜(石川)はプロのスカウト注目の奥川恭伸投手を擁し、石川県勢として初の甲子園優勝を目指…

  • 流政之美術館 /香川

     「わぁ、すごい…」。庭園に足を踏み入れた瞬間、思わず声が漏れた。芝生が敷かれた広大な敷地に2メートル超の巨大な彫刻作品が並び、後ろには美しい瀬戸内海と青空が広…

  • 時間との闘い /香川

     「時間との闘いです」。国立ハンセン病療養所「大島青松園」(高松市)で7日夜にあった夏祭り。冒頭のあいさつで、入所者自治会長の森和男さん(79)は危機感をあらわ…

  • 球児のプレー制限 /香川

     全国高校野球岩手大会で、大船渡はプロ注目の佐々木朗希投手を決勝で登板させず敗れた。4回戦から決勝までの4試合を5日間でこなす「超」過密日程。けが予防のため、甲…

  • 香川に感謝 /香川

     2010年に社会人になって7年間、本の編集者として多くの作家の原稿を読み、忙しく日々を過ごした。しかし、自分の目で地域を見て人々の声を聞き、事件や裁判、行政の…

  • 「うちわ話」 /香川

     支局のデスクとして、紙面の編集を担当している。6月から記者コラムのデザインを新しくした。縦書きにして文字を大きくし、見出しも付けて読みやすくした。 実は200…

  • 再び美しい石垣を /香川

     5月から丸亀市も取材の持ち場として担当している。先日、昨年の豪雨や台風などの被害を受け、石垣が崩れた丸亀城の応急対策工事が完了した。崩落を防ぐため、モルタルを…

  • 真実かうそか /香川

     高松平和病院の若手職員を対象とした高松空襲の講演会。7月4日で丸74年となるのを前に開かれ、取材した。 1945年7月4日未明、突然、高松の街は空襲に見舞われ…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソチ五輪銅の平岡選手 ひき逃げ容疑で事情聴取 奈良県警

  2. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  3. 吉祥寺「2階は喫茶店」…実は無許可の映画館 容疑の社長ら16日書類送検

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです