メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時評・点描

  • TLでも世界レベル期待=薫田真広

     ラグビー・トップリーグ(TL)が先月18日に開幕し、4節までを終えた。2カンファレンス制へのフォーマット変更で1勝の重みがより増加し、4連勝のパナソニック、サ…

    (2017年9月16日 03:23)

  • 期待高まる若手の躍進=鈴木大地

     海外で行われた国際大会で、若手日本選手の活躍が目覚ましい。卓球男子の張本智和(エリートアカデミー)は、8月にチェコで行われたワールドツアー大会で14歳61日の…

    (2017年9月9日 03:07)

  • 選考レース、タイム重視で=金哲彦

     3年後に迫る東京五輪のマラソン日本代表を決める戦いが始まった。選考レースは、前例のない2段構えだ。自動的に代表が決まるのは2019年9月以降に予定されている「…

    (2017年9月2日 02:58)

  • 半世紀を経て交流の芽成長=青島健太

     1964年東京五輪の時にまいた樹木の種が大木に成長している。北海道遠軽町にある児童自立支援施設「北海道家庭学校」の森だ。 五輪の参加国・地域に呼び掛け、それぞ…

    (2017年8月26日 03:31)

  • リレー、競歩 次代の手本に=玉木正之

     「より速く・より高く・より強く」はオリンピックのモットー(努力目標としての標語)とされている。 が、1960年ローマ五輪ボート競技の金メダリストでドイツ人哲学…

    (2017年8月19日 02:22)

  • SR激闘 選手のケア重要に=薫田真広

     スーパーラグビー(SR)に日本から参戦しているサンウルブズが2季目を終えた。7月15日に秩父宮ラグビー場で行われた最終戦ではブルース(ニュージーランド)に48…

    (2017年8月5日 03:48)

  • けが治すのも横綱の責任=芝田山親方

     大相撲名古屋場所は新大関・高安が加わり4横綱3大関という戦国時代になった。夏場所で途中休場した横綱・稀勢の里に注目したが、場所前に感じていた不安が的中した。 …

    (2017年7月29日 03:16)

  • 障害スポーツ ハードルを低く=鈴木大地

     トルコのサムスンで18日に開幕した聴覚障害を持つ選手による国際大会、デフリンピックを現地で視察した。競技性が非常に高く、今後の障害者スポーツ振興のために大変参…

    (2017年7月22日 02:56)

  • ボルトのラストラン楽しみ=金哲彦

     夏の熱き戦い「世界陸上」が8月4日からロンドンで始まる。ポスト五輪イヤーはひと休みする選手もいるが、3年後の東京五輪を控える日本選手に悠長に構える時間はない。…

    (2017年7月15日 03:03)

  • 「引退」最後のビジネスに=青島健太

     ロッテの井口資仁内野手が先月20日、今シーズン限りでの現役引退を発表した。「(2013年に)日米通算2000安打を打ってから引き際を考えてきた」と、近年は引退…

    (2017年7月8日 03:29)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『あらびき団』に不正発覚? 東野幸治&藤井隆が告発「一時はやめようという話も…」
  2. 感謝状 郵便局員が詐欺防ぐ 「お菓子と書け」実はカード
  3. 元アナ逆転無罪 逮捕から4年半「失ったものは返らない」
  4. 兵庫・葬儀会社 男児解剖遺体 頭部にコンビニ袋
  5. JR武蔵野線 電車のガラス2枚割れる けが人なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです