メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昭和史のかたち

昭和史研究で知られるノンフィクション作家の保阪正康さんの長期連載。「昭和」という時代をさまざまな角度からひもときます。毎月1回更新。

  • 年譜に書かれてない事件=保阪正康

     ◇ファシズムのけん引役に 昭和のファシズム、つまり軍事主導体制への道を歩み、そして戦争にゆきつくまでの政治体制は、ある日突然できあがるわけではない。ある歌手の…

    (2018年05月19日 02:03)

  • 公文書管理問題=保阪正康

     ◇東条軍閥内閣と同様の構図 連日の新聞報道にふれていて、この国の骨格が音を立てて崩れていることがわかる。加計学園問題が「首相案件」であったとの文書が発見される…

    (2018年04月21日 02:06)

  • 東京裁判70年=保阪正康

     ◇立場が逆ならどうなったか 今年は極東国際軍事裁判(東京裁判)の終結から70年である。この裁判はドイツのナチス指導者たちを裁いたニュルンベルク裁判と共に、20…

    (2018年03月10日 02:04)

  • 西部邁さんの死=保阪正康

     ◇「虚から実に目覚めよ」訴え 西部邁さんが「自裁死」してから3週間が過ぎた。あらゆる事象を破砕して、そして忘却という器に移していく社会は、彼の自裁死もまたその…

    (2018年02月10日 02:05)

  • 年賀状文化=保阪正康

     ◇友人の人生と伊丹万作の言葉 年賀状については、功罪相半ばする論が叫ばれてきた。虚礼廃止の折あまり意味がないのではないか、あるいは、年に1回お互いの安否を確か…

    (2018年01月13日 02:04)

  • 天皇の代替わり=保阪正康

     ◇元号が刻む句読点とキーワード 天皇陛下の退位が、12月1日の皇室会議の決定を受けた8日の閣議で、2019年4月30日と決まった。今年の6月に成立した特例法で…

    (2017年12月09日 02:03)

  • 改憲論議の前提=保阪正康

     ◇江戸の平和主義や先達の努力 国会議員の3分の2以上は、憲法改正の方向に傾いているそうだ。もっとも、改憲に賛成といっても、9条改正反対派まで含んでいるというか…

    (2017年11月11日 02:03)

  • ファシズムへの道=保阪正康

     ◇明治初期への先祖返りか 来年は明治維新から150年である。この欄でもその時代区分にふれたことはあるが、それとは別にこの節目に、さまざまな形の儀式や史実の見直…

    (2017年10月14日 02:03)

  • 史料の継承 資料館で=保阪正康

     ◇実証的に歴史を追った人ごとに ときおり昭和史を含めて近代日本史を実証的に検証してきた人たちと会う。そこで必ず話題になるのが、これまで集めた史料や文書をどうし…

    (2017年09月09日 02:04)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森友 籠池と妻諄子の両被告が保釈 夜に記者会見の予定
  2. アメフット 「謝っても謝りきれない」日大学長が会見
  3. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  4. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  5. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです