メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昭和史のかたち

  • 史料の継承 資料館で=保阪正康

     ◇実証的に歴史を追った人ごとに ときおり昭和史を含めて近代日本史を実証的に検証してきた人たちと会う。そこで必ず話題になるのが、これまで集めた史料や文書をどうし…

    (2017年09月09日 02:04)

  • 太平洋戦争で散った棋士=保阪正康

     ◇将棋界変えたかもしれぬ天才 まだ中学生の藤井聡太さんが、プロ棋士としてデビューして以来29連勝を続けて、歴代1位の記録をつくった。そのためか、ときならぬ将棋…

    (2017年08月12日 02:02)

  • 真実さぐりだすノンフィクション=保阪正康

     ◇検証に堪えうる客観性必要 昭和という時代が終わってから30年近くの時間が流れた。この6月に成立した特例法(正確には「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」)に…

    (2017年07月08日 02:02)

  • 陸上競技と外交=保阪正康

     ◇明治の最速スプリンター 桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥といったスプリンターが、100メートル走の公認記録をいつ9秒台にもっていくか。各種の陸上競技大会では、この…

    (2017年06月10日 02:01)

  • 歴代首相と憲法=保阪正康

     ◇戦後日本肯定する施政方針演説 安倍晋三首相はこの5月3日にも、憲法改正の意志をあらわにし、それも2020年という時間を設定しての覚悟を示した。近代日本の首相…

    (2017年05月13日 02:20)

  • 北海道学の提唱=保阪正康

     ◇近代日本は一枚岩ではない 来年は「明治150年」である。といっても大政奉還は慶応3(1867)年だから、今年も実質的には150年というサイクルで、近代日本を…

    (2017年04月08日 02:38)

  • 年表の1行を追う=保阪正康

     ◇浮かび上がる庶民の姿 昭和40年代後半(1970年代前半)のことである。出版社での編集者生活を絶ち、物書きとして自立しようと考えたときに、ささやかな志を立て…

    (2017年03月11日 02:43)

  • 戦時民話=保阪正康

     ◇庶民の不満を反映した伝承 民話とは共同体に伝承する庶民の昔話、あるいは物語というべきだろうか。民俗学者の宮本常一の一連の仕事は、共同体に生きた人々のその歩み…

    (2017年02月11日 02:03)

  • 教育改革から70年=保阪正康

     ◇幻の「ローマ字」社会 今年は「6・3・3・4」制の発足(1947年4月)から70年である。戦前の複線型の教育制度が単線型に変わったわけだが、むろんこれは占領…

    (2017年1月14日 02:16)

  • 近代150年の起承転結=保阪正康

     ◇結果的に生まれたファシズム 近代日本150年をどのように見るか、あるいはこの150年をいかなる史観で俯瞰(ふかん)するか。このところ講演でしばしばこのような…

    (2016年12月10日 03:02)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 被害届「不起訴相当」 詩織さんと山口氏のコメント全文
  2. 生き残りの模索 金正恩体制5年/上 不屈の美女ビジネス 制裁の中、外貨稼ぎ
  3. 詩織さん被害届 準強姦容疑は「不起訴相当」 検察審査会
  4. 外国人売春強要 なぜなくならない? 伊香保温泉で相次ぐ
  5. 早実 斎藤佑には及ばず 早実・清宮会見に50社130人(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです