メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

丹下日出夫のズバッと

井崎脩五郎さんの弟子である競馬評論家・丹下日出夫さんによる予想。

  • G1 中山11R・有馬記念 (日曜競馬)

     ◇馬体充実、クロノジェネシス クロノジェネシスがファン投票1位に堂々と応える。自己最高体重の464キロで宝塚記念を圧勝。前走の天皇賞(秋)はレースのラスト3ハ…

  • G1 中山11R・有馬記念 (日曜競馬)

     ◇力量証明、クロノジェネシス 6月の宝塚記念を圧勝したクロノジェネシスが、グランプリV2を果たす。昨年の牝馬クラシックは桜花賞とオークスが3着。秋華賞で待望の…

  • G1 中山11R・ホープフルS (土曜競馬)

     ◇さらに上昇、ダノンザキッド ダノンザキッドがさらに上昇。東京スポーツ杯2歳Sは24キロ増の馬体で、発走前に発汗も目に付いたが、1000メートル通過60秒5の…

  • 中山11R・ターコイズS (土曜競馬)

     ◇中山巧者、スマイルカナ 逃げ馬スマイルカナが踏ん張る。6月に初の古馬相手の米子Sを1分32秒7の好時計ですいすいと逃げ切り、秋初戦の京成杯オータムHでも2着…

  • 中京11R・中日新聞杯 (土曜競馬)

     ◇素質上位、グロンディオーズ グロンディオーズは3歳時に菊花賞に挑戦したこともある素質馬。長期休養を余儀なくされ、3勝クラスを勝ち上がるのに手間取ったが、前走…

  • 中山11R・ステイヤーズS (土曜競馬)

     ◇地力強化、ポンデザール 本命は牝馬ポンデザール。重賞勝ちはないが、全5勝を2400メートル以上の距離で挙げている隠れた名ステイヤーだ。2走前の札幌日経オープ…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  5. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです