メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

  • 『塔と重力』 著者・上田岳弘さん

     ◆上田岳弘(うえだ・たかひろ)さん (新潮社・1728円) ◇人は代替可能なのか 2人の男がたびたび酒を飲んでは語り合い、思弁を深めていく。人は代替可能なのか…

    (2017年08月13日 02:03)

  • 『キジムナーkids』 著者・上原正三さん

     ◆上原正三(うえはら・しょうぞう) (現代書館・1836円) ◇少年が見た沖縄の戦中戦後 「帰ってきたウルトラマン」「秘密戦隊ゴレンジャー」など、特撮シリーズ…

    (2017年08月06日 02:02)

  • 『弥栄の烏』 著者・阿部智里さん

     ◆『弥栄(いやさか)の烏(からす)』 阿部智里(あべ・ちさと)さん (文藝春秋・1620円) ◇和風ファンタジー第1部が完結 早稲田大3年在学中の2012年、…

    (2017年07月30日 02:05)

  • 『閉じてゆく帝国と逆説の21世紀経済』 著者・水野和夫さん

     ◆水野和夫(みずの・かずお)さん (集英社新書・842円) ◇四枚舌でいいんですよ 出版のセオリーの一つに「逆張り」思考がある。世間の常識にあえて逆らう内容で…

    (2017年07月23日 02:04)

  • 『茄子の輝き』 著者・滝口悠生さん

     ◆『茄子(なす)の輝き』 滝口悠生(たきぐち・ゆうしょう)さん (新潮社・1728円) ◇横滑りを繰り返し実相へ 20代半ばだった2008年の正月に離婚した「…

    (2017年07月16日 02:05)

  • 『結婚差別の社会学』 著者・齋藤直子さん

     ◆齋藤直子(さいとう・なおこ)さん (勁草書房・2160円) ◇つながりが不安和らげる 被差別部落問題の研究者が、「部落出身者との恋愛や結婚を巡る家族間の対立…

    (2017年07月09日 02:02)

  • 『囚われの島』 著者・谷崎由依さん

     ◆『囚(とら)われの島』 谷崎由依(たにざき・ゆい)さん (河出書房新社・1728円) ◇弱さといういとおしさ 小さな島に目の見えない「ぼく」が閉じ込められて…

    (2017年07月02日 02:06)

  • 『アイドルになりたい!』 著者・中森明夫さん

     ◆中森明夫(なかもり・あきお)さん (ちくまプリマー新書・842円) ◇本気で夢を実現したいなら 1986年4月8日、あの日の衝撃を忘れられない。大学の入学式…

    (2017年06月25日 02:02)

  • 『感性文化論』 著者・渡辺裕さん

     (春秋社・2808円) ◇69年フォークゲリラが映す変容 渡辺裕(わたなべ・ひろし)さん 音楽学者として、社会の中での音楽のあり方に関心を深めてきた。近年は日…

    (2017年06月18日 02:04)

  • 『北海タイムス物語』 著者・増田俊也さん

     (新潮社・1836円) ◇働くことの意味とは何か 増田俊也(ますだ・としなり)さん 『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』『七帝柔道記』など骨太な作品で、…

    (2017年06月11日 02:03)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都・嵐山線 5歳児、電車に接触し引きずられるも軽傷
  2. 南明奈 よゐこ濱口と交際4年 「いつかは結婚したいと…」
  3. 岐阜の介護施設 死亡女性、首と胸にあざ 前日に家族確認
  4. 夏の高校野球 仙台育英サヨナラ 大阪桐蔭春夏連覇消える
  5. 夏の高校野球 仙台育英 九回2死「終わった」一転…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです