メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・CoverDesign

  • 『美術ってなあに?』

     ふとした疑問からアートの世界をひもとく『美術ってなあに?』(スージー・ホッジ著、小林美幸訳・河出書房新社・2052円)。表紙(イラストはクレア・ゴーブル)には…

    (2017年10月15日 02:05)

  • 『NYの「食べる」を支える人々』

     『NYの「食べる」を支える人々』(アイナ・イエロフ著、石原薫訳・フィルムアート社・2484円)は、すし職人から刑務所の給食業務担当者まで、食に関わるニューヨー…

    (2017年10月8日 02:03)

  • 『新鉄客商売 本気になって何が悪い』

     『新鉄客商売 本気になって何が悪い』(唐池恒二著・PHP研究所・1836円)は、JR九州の現会長が記した同社30年の軌跡。表紙の絵は山口晃さん。カーブを描く鉄…

    (2017年10月1日 02:04)

  • 『音楽と建築』

     『音楽と建築』(ヤニス・クセナキス著、高橋悠治編訳・河出書房新社・3024円)は、20世紀を代表する作曲家による名著。表紙カバー(装丁・秋山伸)では微細な点と…

    (2017年9月24日 02:03)

  • 『コラムの王子さま(42さい)』

     『コラムの王子さま(42さい)』(渋谷直角著・文藝春秋・1296円)は、「まみむめも」や「ハンバーグ」など何気ない言葉や物に、とてもユルイ考察を加える。著者の…

    (2017年9月17日 02:05)

  • 『HOSONO百景 いつか夢に見た音の旅』

     『HOSONO百景 いつか夢に見た音の旅』(細野晴臣著、中矢俊一郎編・河出文庫・810円)は、YMOなどでの活動で知られる細野晴臣の「イマジナリーな世界旅行記…

    (2017年9月10日 02:05)

  • 『《誕生》が誕生するまで』

     『《誕生》が誕生するまで』(池田学著・青幻舎・1944円)は、池田学の大作「誕生」の細部に光を当て、画家自らが作品に込めた思いをつづる。全体図が載ったカバーの…

    (2017年9月3日 02:02)

  • 『天国の南』

     右で紹介した『天国の南』の表紙カバー(装幀(そうてい)・黒洲零)には米国の名写真家、ドロシア・ラングの作品が使われている。ほこりっぽい道を歩く二人の男は、ヒッ…

    (2017年8月27日 02:02)

  • 『別府フロマラソン』

     『別府フロマラソン』(澤西祐典著・書肆侃侃房・1404円)は、大分・別府の温泉巡り競争を題材にした青春小説。表紙カバー(装画・藤沢さだみ)には、血の池地獄や別…

    (2017年8月20日 02:20)

  • 『風と土の秋田』

     『風と土の秋田』(藤本智士著・リトルモア・1728円)は、秋田県が発行していた伝説的フリーマガジン『のんびり』の書籍化。表紙カバー(絵・福田利之)の天使は、水…

    (2017年8月13日 02:05)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人生相談 次男の交際相手に納得できない=回答者・高橋源一郎
  2. 衆院選 投票したら替え玉無料 「一風堂」が「選挙割」
  3. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  4. ブラック彼氏 自分の仕事を熱く語る男はモラハラ系かも…見抜くポイントや対処法、弁護士が指南
  5. 日産 新車販売を一時停止 検査不備、全工場6万台

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです