メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者のひとりごと

  • あやかるだけでは /東京

     日野市は今年1年間を「土方歳三没後150年」として、さまざまなイベントを仕掛けることを予定している。既に地元企業とタイアップし、土方の写真でラッピングしたタク…

    (2019年1月21日 02:09)

  • 「猫の手」で街盛り上げ /東京

     「昭和レトロ」な街並みの象徴だった映画看板が老朽化のため撤去されてから、間もなく3カ月。JR青梅駅周辺の商店街は、新たに猫の看板やキャラクターによるイベントで…

    (2019年1月14日 02:04)

  • 認知症の人が伝える言葉 /東京

     「僕もあるとき、社長あてのリポートの字が書けなくなりました」。昨年12月上旬、認知症の人が体験や思いを語る催しが八王子市内であった。登壇者の一人、竹内裕さん(…

    (2019年1月7日 02:08)

  • 豊洲市場とどう組む /東京

     食品のネット通販に取り組む人たちと話をする機会があった。災害や人口減少に苦しむ地方の農水産物を発掘し、都市部の人々に届けている。「食を通じて地方を元気にしたい…

    (2018年12月31日 02:15)

  • 高齢者の「命綱」 /東京

     多摩ニュータウンの団地で広がるスーパーの移動販売を取材した。徒歩圏に店がなく、バス停まで行くにも坂を上ったり下りたり。足腰の弱い高齢者にとって、毎週やってくる…

    (2018年12月17日 02:04)

  • 心配りでイベント楽しく /東京

     今や国民的行事に定着した感のある「ハロウィーン」。その様子を取材しようと、10月31日に葛飾区で開かれたパレードを訪ねた。 参加者約2300人は京成立石駅前か…

    (2018年11月26日 02:07)

  • 柿の「木守り」に思う共生 /東京

     民家の庭先で、柿の実が赤みを増している。今年は柿の当たり年なのか、例年より実の数が多く見える。 少子高齢化や飽食の時代を反映してか、多摩地域でも実を収穫する民…

    (2018年11月19日 02:09)

  • 受け継がれる市場 /東京

     築地市場(中央区)が83年の歴史に幕を閉じ、移転先の豊洲市場(江東区)が11日開場した。築地の最終営業日、名残を惜しむ仲卸業者の男泣きに何度も出会った。それで…

    (2018年10月29日 02:16)

  • 岩盤に穴を開けるには /東京

     米軍横田基地(福生市など)に1日、垂直離着陸輸送機CV22オスプレイが正式配備された。米軍が配備前倒しの方針を突然発表した4月以降、基地近くで生活を送る人がど…

    (2018年10月22日 02:09)

  • 羽田増便と品川区長選 /東京

     品川区長選が9月30日に投開票された。現職の浜野健氏が4選されたが、投票率は残念だった。過去最低の前回を上回ったとはいえ、32・71%。7割近い有権者が投票に…

    (2018年10月15日 02:05)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「小中学生は大外刈り禁止を」 中一の娘亡くした父がネットで発信 全柔連相手に賠償提訴も
  2. 大坂が日本勢初の決勝進出 全豪テニス
  3. ORICON NEWS 吉田沙保里さん、ファンの声で引退実感「肩の荷が下りた」 20年ぶりの市販薬の効き目に驚き
  4. 大坂なおみ、世界ランク1位の条件 WTA公式サイトが伝える
  5. 大坂なおみの肌を白く表現したPRアニメ  日清食品が削除し謝罪  米マネジメント会社も削除要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです