メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公明党

  • 北側公明党副代表 「憲法明記」の首相主張に否定的 自衛官募集協力調査

     公明党の北側一雄副代表は14日の記者会見で、安倍晋三首相が自衛隊を明記する憲法改正を目指す理由として、自衛官募集に非協力的な自治体が多いと主張していることに否…

    (2019年2月14日 19:32)

  • 公明・山口代表が統一選へ全国遊説スタート

     公明党の山口那津男代表は3日、新潟市のJR新潟駅前で街頭演説し、春の統一地方選に向けた全国遊説をスタートさせた。「国民の声が反映される政治を公明が担ってきたか…

    (2019年2月3日 20:37)

  • 県本部が新春年賀会 /和歌山

     公明党県本部の新春年賀会が9日、和歌山市内のホテルであった。冒頭、県本部代表の多田純一県議が「4月に統一地方選、7月に参院選がある政治決戦の年。公認した立候補…

    (2019年1月10日 14:50)

  • 維新と対決鮮明 府本部年賀会、大阪知事・市長欠席

     公明党大阪府本部は9日、大阪市内のホテルで新春年賀会を開いた。「大阪都構想」の住民投票実施時期を巡る交渉が決裂した大阪維新の会代表の松井一郎知事と、同政調会長…

    (2019年01月09日 16:35)

  • 政活費「見える化」推進 統一地方選へ政策案

     公明党は来春の統一地方選の重点政策案をまとめた。地方議会で政務活動費(政活費)を巡る不祥事が後を絶たないことを受け、領収書の写しなどをインターネット上に公開す…

    (2018年12月28日 03:10)

  • 「安倍色」懸念 改憲、衆参同日選 ブレーキ役に

     連立政権を組んできた公明党は来年の統一地方選と参院選をにらんで「ブレーキ役」の姿勢を強めている。安全保障政策や憲法問題で自民党に引きずられるばかりでは、政権に…

    (2018年12月27日 02:56)

  • 2次補正で防災対策など提言

     公明党の石田祝稔政調会長は3日、2018年度第2次補正予算案に関する党の提言を首相官邸で菅義偉官房長官に手渡した。防災・減災対策や風疹の流行対策強化が柱。具体…

    (2018年12月4日 03:18)

  • 参院選モードに 山口代表、街頭演説スタート

     公明党が来夏の参院選に向けた活動を早くも本格化させる。山口那津男代表が12月1日、福岡県内で街頭演説して実質スタートを切る。昨年の衆院選では議席を減らしており…

    (2018年12月1日 02:40)

  • 北側副代表、参院選前の改憲発議に否定的

     公明党の北側一雄副代表は21日夜のBSフジ番組で「2国会で憲法改正を発議できるなんてとんでもない話で、あり得ない」と述べ、来年の参院選前の改憲発議に否定的な考…

    (2018年11月21日 23:06)

  • 山口代表が小池知事を擁護 税収再配分問題で

     公明党の山口那津男代表は13日の記者会見で、東京都など大都市の税収を地方に再配分する手法について「東京に偏在していることを悪いとみなして是正を議論するのはおか…

    (2018年11月13日 19:10)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 音楽療法研修会 来月2日、札幌で /北海道
  2. 離婚慰謝料 不倫相手が賠償、判断 最高裁弁論
  3. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  4. 首相 トランプ氏のノーベル平和賞推薦、否定せず 「コメントは控える」
  5. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです