メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

彩人旬人

  • 伊勢・駒鳥食堂店主 大西貢さん /三重

     ◇変わらない昔の味 「伊勢うどんのうまい食堂は、なぜか中華そばもうまい」。伊勢市内で生まれ育った50代の男性2人が地元の“名店”の名を交互に挙げている。そのひ…

    (2019年3月17日 15:40)

  • 整理収納アドバイザー 佐治純子さん /三重

     ◇片付けの悩みサポート 佐治純子さん(43) 徐々に認知度が高まっている整理収納アドバイザーの資格を持つ佐治純子さん(43)=津市大里窪田町。かつては片付けが…

    (2019年3月3日 13:45)

  • 刺しゅう作家 松岡歩未さん /三重

     ◇糸で描く世界感じて 松岡歩未さん(30) 糸一本一本に思いを込めて作品を作り続ける亀山市の刺しゅう作家、松岡歩未さん(30)。創作を始めて10年が経過し、3…

    (2019年2月24日 13:43)

  • 梶賀コーポレーション 中川美佳子さん、浅田克哉さん /三重

     ◇「あぶり」の魅力発信 中川美佳子さん(39)、浅田克哉さん(29) サバやアジなど水揚げされたばかりの小型の魚を薫製にした「あぶり」。市場に流通させることが…

    (2019年2月17日 12:33)

  • すし職人 松田春喜さん /三重

     ◇「鰯街道」全国へPR 松田春喜さん(69) 伊勢湾で取れたイワシを京都へ運ぶ「鰯(いわし)街道」を再び広め、イワシずしのおいしさを知ってもらおうと、すし職人…

    (2019年2月10日 13:38)

  • 藍染め師 板東亮さん /三重

     ◇伝統的染色の感動伝え 板東亮さん(63) ほとんどの藍染めが化学染料に取って代わられている中、天然素材を使い、菌の発酵作用を利用した伝統的な染色技法にこだわ…

    (2019年2月3日 13:46)

  • 年末閉店、スナック「峰」 小倉光子さん /三重

     ◇家庭的な味で半世紀 小倉光子さん(75) 「お化け屋敷」の愛称で親しまれてきたスナックが、この年末に店を閉じる。1967(昭和42)年にオープンしてから津市…

    (2018年12月23日 11:49)

  • 「古本屋ぽらん」2代目 奥村悠介さん /三重

     ◇出張販売“棚”で勝負 奥村悠介さん(40) 古本を詰めた、いくつものみかん箱を、おんぼろのワゴン車に積み込んだら出かけよう。各地で開かれる古本の展示即売会へ…

    (2018年12月16日 12:01)

  • 津の造本作家 鈴木敬子さん /三重

     ◇「世界に1冊」の喜びを 鈴木敬子さん フランス語で製本を意味する「ルリユール」。麻糸で本をつづったり、和紙などで表紙を装飾したりするなど、市販本などを手仕事…

    (2018年12月9日 11:53)

  • 施設などで歌とトークの活動 岡村育美さん /三重

     心も体も元気になって 岡村育美さん(51) 高齢者や障害者、子どもたちを対象にした施設やイベントで、歌とトークの活動を続ける岡村育美さん(51)=津市稲葉町。…

    (2018年12月2日 12:02)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 人事 高崎市 /群馬
  3. 東京でもサクラ開花 昨年より4日遅く
  4. 実りの春 石岡一センバツ初出場 第3部・支える人/中 女子マネジャー3人 /茨城
  5. 質問なるほドリ オルソケラトロジーって? コンタクトを夜間装用 手術なく視力矯正=回答・林奈緒美

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです