メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都・読書之森

  • 柳宗悦と京都 民藝のルーツを訪ねる /京都

     <活字を楽しむ> (杉山享司ら著 光村推古書院、4104円) 陶器のひびや欠け、破片を漆で接着し、継ぎ目に金粉などを蒔(ま)いて仕上げる修復法「金継ぎ」を習い…

    (2018年12月9日 15:33)

  • 市民派議員になるための本 /京都

     <活字を楽しむ> (寺町みどり・寺町知正著、上野千鶴子プロデュース WAVE出版、2900円(税抜き)) 来春の統一地方選に向けて、政党に属さずに立候補を検討…

    (2018年12月2日 14:42)

  • 給食の歴史 /京都

     <活字を楽しむ> (藤原辰史著 岩波新書、950円) 第1章冒頭で伊根町立本庄小学校の給食が登場する。著者が2016年に体験した時の描写で、読んでいておいしさ…

    (2018年11月25日 13:50)

  • 金澤翔子、涙の般若心経 /京都

     <活字を楽しむ> (金澤泰子著 世界文化社、1200円(税抜き)) ダウン症の書家、金澤翔子さん(33)は、2009年に建仁寺(京都市東山区)に「風神雷神(ふ…

    (2018年11月18日 13:55)

  • 「絵画史料が語る祇園祭」 /京都

     (河内将芳著 淡交社、1800円(税抜き)) 高校時代から長年、八坂神社(京都市東山区)の氏子組織・宮本組で祇園祭に奉仕してきた経験を基にこの夏、地域面(府南…

    (2018年10月28日 16:14)

  • 手づくり雑誌の創造術 /京都

     <活字を楽しむ> (高橋幸子著 編集グループSURE、2200円(税抜き)) 自宅のパソコンで画像の加工もデザインもできるようになった当世、「紙離れ」かと思い…

    (2018年10月21日 13:26)

  • カルト宗教事件の深層 /京都

     <活字を楽しむ> (藤田庄市著 春秋社、2800円(税抜き)) この本は、オウム真理教の教団元幹部で死刑が執行された中川智正・元死刑囚と交流を続けた人から贈ら…

    (2018年10月14日 15:45)

  • 甲子園という病 /京都

     <活字を楽しむ> (氏原英明著 新潮新書、720円(税抜き)) 8月に開催された100回目の全国高校野球選手権大会は、私の母校でもある大阪桐蔭が史上初となる二…

    (2018年10月7日 14:47)

  • 聖なる怠け者の冒険【挿絵集】 /京都

     <活字を楽しむ> (フジモトマサル著 朝日新聞出版、1500円(税抜き)) 「むかしむかし。といってもそれほど昔ではないのである。京都の街に怪人が現れた」と始…

    (2018年9月30日 15:26)

  • 京都喰らい /京都

     <活字を楽しむ> (入江敦彦著 140B発行、1700円(税抜き)) 「この本は京言葉で書かれてます」。「食」に関するエッセーは、一風変わったおことわりから始…

    (2018年9月16日 15:16)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」
  2. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  3. 雑居ビルで爆発 42人負傷 ガス爆発の可能性も 札幌市
  4. 札幌の飲食店付近で爆発 けが人10人以上か 札幌市
  5. 幽霊消防団員 内部告発で活動禁止や嫌がらせの報復受けたケースも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです