メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つれづれに千葉

  • 新しい古里 /千葉

     幼いころ、鉱山の技師をしていた父が転勤するたび引っ越しを4回繰り返した。物心ついた時は福井県の山村でボールを追いかけ、野山を駆け回っていた。小学校は1学年10…

    (2019年4月23日 13:31)

  • 初フライト、思いのせ /千葉

     航空機が着陸態勢に入ると、鮮やかな青や緑の海が輝いて見えた。初フライトの3月30日、成田空港を出発し、約2000キロ離れた沖縄県宮古島市の下地島空港に着陸した…

    (2019年4月2日 13:11)

  • 共生社会に向けて /千葉

     「愛の反対は憎しみではなく無関心です」。日本パラリンピック委員会(JPC)の高橋秀文副委員長は、そんな言葉を引用しながら、2020年東京パラリンピックの成功と…

    (2019年3月5日 12:48)

  • 利便性と郷土愛 /千葉

     今年は統一地方選と参院選が重なる12年に1度の選挙イヤー。目白押しの決戦の口火を切って先月行われた我孫子市長選は「今年の県政を占う大事な選挙」(県選出の参院議…

    (2019年2月5日 13:50)

  • 甘い考え /千葉

     年末、松戸市の松戸国際学院を訪ねた。仕事納めの日で、外国人留学生たちの姿はなく、普段、学生たちが日本語を学んでいる教室に通された。 「数日前までクリスマスケー…

    (2019年1月8日 13:56)

  • 「格安の翼」不可欠に /千葉

     格安航空会社(LCC)に初めて乗った時はとても驚いた。 マレーシアとタイ、ラオスを2008年に回るため話題になっていたLCCのエアアジアを初めて利用した。運賃…

    (2018年12月4日 13:07)

  • もったいない /千葉

     秋も深まった房総半島。小さな川にかかる橋の上から水面に目をこらすと、川底からプクプクと浮かび上がっては次々とはじける泡が見えた。地中からガスが湧き出ているのだ…

    (2018年11月6日 12:03)

  • 信なくば立たず /千葉

     2018年のノーベル賞の受賞者の発表が1日から始まった。今から11年前、関心の高い平和賞を受賞したのは、米国のアル・ゴア元副大統領だった。ドキュメンタリー映画…

    (2018年10月2日 12:49)

  • トロトラスト禍 /千葉

     丁寧な字で名前や住所、死亡時期が書き込まれたファイルが、千葉市稲毛区の量子科学技術研究開発機構・放射線医学総合研究所の書架に整然と並べられていた。茶色く日焼け…

    (2018年9月4日 13:02)

  • カジノ 苦い思い出 /千葉

     賭け金の紙幣を机上に置いた。30人ほどの男たちが机を囲み、転がる三つのサイコロに鋭い視線を注ぐ。合計は偶数か奇数か。的中すれば賭け金は2倍になって戻り、外すと…

    (2018年7月3日 11:33)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです