メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名物にうまい物あり

  • 御菓子司「にしかわ」の和菓子 滋賀県近江八幡市

     ◇湖国に春、素朴な夫婦の味を 湖国に春の訪れを告げる「近江八幡の火祭り」が始まると、地域の各家庭から注文が殺到する。中でも人気なのは「小豆ういろう」(写真・1…

    (2018年03月20日 16:59)

  • 「SouZai屋」の弁当 京都市上京区

     ◇手作り詰めた、やさしい味付け 鮮やかな青色の扉とイタリア国旗が目印。手作りのお弁当や総菜、ピザを販売していて、店内で食べることもできる。 イタリアンレストラ…

    (2018年03月13日 16:41)

  • 「出入橋きんつば屋」のきんつば 大阪市北区

     ◇甘さ控えめ「皮もおいしく」 甘さを控えめにした看板商品「きんつば」=写真=が人気の「出入橋きんつば屋」。創業は1930(昭和5)年で、90年近くの歴史を刻む…

    (2018年03月06日 17:14)

  • 「Sion」のカレーとビーフシチュー 神戸市中央区

     ◇老練の料理人、「思い出」の味再現 阪神大震災で全壊した神戸の旧オリエンタルホテルで腕を磨いた老練の料理人たちが、かつての味を復活させたカレーとビーフシチュー…

    (2018年02月20日 16:58)

  • お酢屋「天龍」の「紀州の米酢」 和歌山県有田市

     ◇150年変わらず 桶で半年醸造 1869(明治2)年の創業当初から使っているスギやヒノキの桶(おけ)で半年をかけて醸す「紀州の米酢」=写真中央=を中心に、昆…

    (2018年02月13日 16:41)

  • たけひめ本店の「たけひめプリン」 奈良県生駒市

     ◇酒かすふわっと「強め」も人気 酒かすスイーツ専門店が作る真っ白なプリン(270円)。奈良県生駒市が2012年に実施した「新しいお土産コンテスト」でグランプリ…

    (2018年02月06日 17:58)

  • 「タノカンサ」の「あひるぷりん」 兵庫県三田市

     ◇脂肪分多い卵で濃厚なコク 鶏の卵より脂肪分が多いアヒルの卵を使い、牛乳と砂糖のみで仕上げた。濃厚なコクとすっきりした後味が口コミでじわりと人気上昇中だ。 東…

    (2018年01月23日 16:50)

  • 「つるやパン」のサラダパン 滋賀県内

     ◇タクアン挟んだソウルフード マヨネーズをからめた刻みタクアンをコッペパンで挟んだ「サラダパン」。歯ごたえあるタクアンの食感と素朴な味わいがたまらない。196…

    (2018年01月16日 16:40)

  • 「ボタン」のイノシシ料理 京都市左京区

     ◇臭みなく脂身濃厚 フレンチ仕立てで 2014年6月にオープンした。京都市内のフランス料理店で修業した店主の望月昭宏さん(39)が、フランス料理の技法を取り入…

    (2018年01月09日 16:37)

  • 「小島屋」のけし餅 堺市堺区

     ◇一筋に三百年余、おいしさ守る 延宝年間に創業し三百数十年の歴史を誇る小島屋。南蛮貿易が栄え、海外から珍しい産物が入ってきた堺で、ケシの香味を生かして考案され…

    (2017年12月19日 16:59)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加計学園 地震やW杯日本戦、会見設定を疑問視
  2. 地震 大阪・震度6弱 渋滞し松井知事が災害会議を欠席
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 大阪震度6弱 お店、徐々に再開 一部工場で操業停止続く
  5. ベッカム 日本VSコロンビア戦パブリックビューイングでお台場“降臨” 伝説のフリーキック披露 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです