メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブックウオッチング

  • 『学習まんが 日本の歴史(全20巻)』 野島博之さん

     (集英社・各1080円、全20巻セット1万9440円) ◇「シビアな歴史」もきちんと 集英社創業90周年記念企画「学習まんが 日本の歴史」(全20巻)が発売さ…

    (2017年03月15日 02:52)

  • 『ブレストガール!女子高生の戦略会議』 今井雅子さん

     (文芸社文庫NEO・583円) ◇自分の宝物見つけ光らせる 「ブレスト」とは「ブレーンストーミング」の略。集団でアイデアを出す会議方法の一つだ。外資系広告代理…

    (2017年02月15日 02:52)

  • 『子供の科学』 土舘建太郎・編集長

     (誠文堂新光社・毎月10日発売 700円) ◇ニュース重視 探求心に応え 月刊誌「子供の科学」は1924(大正13)年創刊。読者層は小学4年生から中学生で、読…

    (2017年02月01日 02:47)

  • 『山猫珈琲』(上・下) 湊かなえさん

     (双葉社・上1296円、下1404円) ◇悔し泣きから「本気」の10年 2007年に小説推理新人賞を受賞し、08年、「告白」でデビューした湊かなえさん。「10…

    (2017年01月18日 02:34)

  • 『小説幻冬』 有馬大樹・編集長

     (幻冬舎・毎月27日発売 880円) ◇「狂気の沙汰」のインパクト 幻冬舎は昨秋、月刊文芸誌「小説幻冬」を創刊した。既存の3雑誌を統合し、ミステリー小説、恋愛…

    (2017年01月04日 02:16)

  • 『えんとつ町のプぺル』 にしのあきひろさん

     (幻冬舎・2160円) ◇「超分業制」が生んだ新境地 漫才コンビ「キングコング」の一人で、絵本作家としても活躍するにしのあきひろさんの新作「えんとつ町のプペル…

    (2016年12月21日 02:38)

  • 『新春すてきな奥さん』 池田直子・編集長

     (主婦と生活社・11月18日発行 1599円) ◇来年も 小さな幸せを大切に 今年も残りわずか。年末恒例の「新春すてきな奥さん2017年版」が発売された。月刊…

    (2016年12月07日 02:07)

  • 『夜行』 森見登美彦さん

     (小学館・1512円) ◇3年かかった「10周年」 京都を舞台にしたファンタジー小説などで知られる森見登美彦さんが新作「夜行」を刊行した。「旅先の夜」にまつわ…

    (2016年11月16日 03:00)

  • 『ノジュール』 田村知子・編集長

     (JTBパブリッシング・毎月1回月末発行 購読料金1年12冊8616円(定期購読のみ)) ◇プロが厳選 50代からの旅 50代からの旅と暮らしを応援する定期購…

    (2016年11月02日 02:34)

  • 『聖の青春』 大崎善生さん

     ◆『聖(さとし)の青春』 (角川文庫・691円) ◇「あの一瞬」だから書けた 1998年に29歳で亡くなった天才棋士・村山聖さんを描いた映画「聖の青春」が11…

    (2016年10月19日 02:35)

  • 『ゆうゆう』 子安啓美・編集長

     (主婦の友社・毎月1日発売 11月号720円) ◇暮らしを充実させる愛読書 「50代からを応援!」がキャッチコピーの月刊誌ゆうゆう。2001年10月の創刊時、…

    (2016年10月05日 02:08)

  • 『鱗塾』 濱田マサルさん

     (宝島社・1512円) ◇きれいになる「意識」が大切 倍率20倍の伝説の美容レッスン「鱗塾(うろこじゅく)」が書籍化された。ヘアメークアップアーティスト、濱田…

    (2016年09月21日 02:31)

  • 『おとなスタイル』 丸山紀子・編集長

     (講談社・2、5、8、11月25日発売 2016年秋号780円) ◇50代の楽しいステージ提案 「50代からの『楽しい』を始めよう!」をキャッチフレーズに昨年…

    (2016年09月07日 02:23)

  • 『ジニのパズル』 崔実さん

     (講談社・1404円) ◇今、苦しんでいる人に 今春、ある新人作家が鮮烈にデビューした。小説「ジニのパズル」で第59回群像新人文学賞(講談社主催)を受賞した崔…

    (2016年08月17日 02:26)

  • 『週刊ダイヤモンド』 山口圭介・副編集長

     (ダイヤモンド社・毎週月曜日発行 8月6日号710円) ◇売れる特集企画 三つの力で 「仕事に効く」タイムリーなビジネス情報が満載の週刊ダイヤモンドはビジネス…

    (2016年08月03日 04:11)

  • 『ラクうまごはんのコツ』 瀬尾幸子さん

    (新星出版社・1458円) ◇この通り3回作ってみて 「ラクうまごはんのコツ」が昨年の「料理レシピ本大賞」を受賞した料理研究家の瀬尾幸子さん。「伏してお願いする…

    (2016年07月20日 02:05)

  • 『田中角栄 100の言葉』/『別冊宝島 田中角栄という生き方』 欠端大林さん

     ◆『田中角栄 100の言葉』(宝島社・1080円) ◆『別冊宝島 田中角栄という生き方』(宝島社・972円) ◇角栄は輝いた日本の象徴 貧乏人のせがれで尋常高…

    (2016年06月15日 02:34)

  • 『64(ロクヨン) 上・下』 横山秀夫さん

     (文春文庫・各691円) ◇人間ドラマの伏線「集大成」 警察小説の鬼才、横山秀夫さんの長編「64(ロクヨン)」(文春文庫)が2部作の映画「64−ロクヨン−」(…

    (2016年05月18日 03:07)

  • 『ハルメク』 矢部万紀子・編集長

     (ハルメク・毎月10日発売 6月号678円) ◇年齢を重ね、よりよく生きる シニア女性のための月刊雑誌「いきいき」が今春、「ハルメク」と名前を変えた。リニュー…

    (2016年05月04日 02:37)

  • 『北からの使者』 麻野涼さん

     (文芸社文庫・778円) ◇祖国とは何か 答え探し求め 「小泉首相が平壌(ピョンヤン)を電撃訪問」というニュースが流れる中、横浜で1人の老女が殺された。そんな…

    (2016年04月20日 02:30)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 秋篠宮さま「皇嗣殿下」方針 典範改正拒むかたくなさ
  2. 英爆発 19人死亡、50人負傷 警察発表、テロの可能性
  3. 考・皇室 課題検証/4 「皇太子同様」どこまで 秋篠宮さま、待遇や位置づけ
  4. 眞子さまご婚約 出会って1年でプロポーズ
  5. 退位 「皇太子」称号に難色 秋篠宮さま意向で見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです