メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

商品名や社名など名前にこめられた企業の思いを紹介します。おなじみのあの会社の名前にも、実はそんな意味が…。日曜日更新。

  • パイロット 「次の100年」見据える先駆者

     万年筆やボールペンなどを販売する国内大手の筆記具メーカー。東京商船学校(現東京海洋大)教授だった並木良輔氏と実業家の和田正雄氏が1918年、東京・日本橋に創業…

  • ファミリーマート 家族のような存在に

     国内コンビニエンスストア業界2位のファミリーマート。社名には「店員や店長が1軒の商店を切り盛りする家族のようにつながり、お客さまにとって地域の家族のような存在…

  • アステラス製薬 世界で輝く星願い合併

     国内の製薬大手5社の一角で、医療用医薬品事業に特化した製薬会社。世界23位(2018年度)の売り上げ規模を誇る。東京に本社を置いていた国内売上高3位(当時)の…

  • パロマ 平和で豊かな暮らし願い

     給湯器やコンロなど台所機器を中心に展開するガス機器メーカー「パロマ」。名古屋に初めてガス灯がともって間もない1911年、この灯火にいち早く目をつけた小林由三郎…

  • ギャツビー 謎めいた若き大富豪

     整髪料をはじめとして幅広い商品を展開する男性化粧品ブランド。由来は販売するマンダム2代目社長の故・西村彦次氏が愛読していた米作家フィッツジェラルドの小説「グレ…

  • ファンケル 高付加価値と愛らしさ

     世界初の無添加化粧品や、高品質で手ごろな価格のサプリメントなど独自の商品で知られる化粧品大手、ファンケル。多種、少量で生産される付加価値の高い医薬品などを意味…

  • グーグル 「10の100乗」のスペルミス

     インターネットの検索エンジン、メール、ネット広告から、スマートフォンや自動運転車開発へと事業領域を拡大し、世界有数の巨大企業になった米グーグル。社名は、スペル…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  2. 新型肺炎 感染者と一緒に行動の中国人団体、成田・関空便に搭乗自粛し帰国

  3. 新型肺炎、中国の感染者がSARS上回る5974人 世界で6000人超に

  4. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  5. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです