メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

 商品名や社名など名前にこめられた企業の思いを紹介します。おなじみのあの会社の名前にも、実はそんな意味が…。日曜日更新。

  • ちふれ化粧品 「高品質・適正価格」を実現

     「ちふれ」は1968年に誕生した化粧品ブランドだ。女性の地位向上を目指す消費者団体「全国地域婦人団体連絡協議会」、略して全地婦連(ぜんちふれん)と提携して生ま…

    (2017年12月10日 02:32)

  • LINE 震災機に、人つなぐ「ホットライン」

     月1度以上使う利用者数が日本で約7100万人に上る国内最大の無料通信アプリ「LINE(ライン)」。開発のきっかけは、2011年の東日本大震災だった。アプリ名に…

    (2017年12月03日 03:23)

  • 霧島酒造 黒霧島 原点回帰、コクと甘みの黒麹

     本格芋焼酎だが独特の臭みが少ない霧島酒造(宮崎県都城市)の「黒霧島」。1916年創業の同社を焼酎トップメーカーに押し上げた看板商品だ。創業者の江夏吉助氏の孫、…

    (2017年11月19日 02:05)

  • 森永乳業 クリープ コーヒー普及で大ヒット

     9月で創業100周年を迎えた森永乳業が半世紀以上前に発売した「クリープ(Creap)」。英語で粉末クリームを意味する「クリーミングパウダー(Creaming …

    (2017年11月05日 02:08)

  • ハイサワー 我が輩が作ったサワー

     焼酎を割るのに使う炭酸飲料「ハイサワー」は1980年、東京・目黒の飲料メーカー「博水社」の2代目社長、田中専一氏(87)の手によって生まれた。2008年に後を…

    (2017年10月29日 02:58)

  • 江崎グリコ ビスコ 画期的な酵母入り菓子

     1933年に発売され、今も江崎グリコの看板商品になっているビスケット菓子「ビスコ」。商品名は「ビスケットとグリコを組み合わせた造語?」と誤解されがちだが、ビス…

    (2017年10月22日 03:02)

  • グンゼ 養蚕の「郡」、地域振興願い

     1896(明治29)年創業の老舗下着メーカー「グンゼ」。その社名には、祖業の養蚕・製糸業を通じた地域振興への願いが込められている。 創業者の波多野鶴吉氏の故郷…

    (2017年10月15日 03:35)

  • アンメルツ 「格好悪い」きっかけに開発

     小林製薬の液体タイプの肩こり薬「アンメルツ」。商品名の由来は諸説あるが、有力なのは、英語で“反対”を意味する「アンチ」と、ドイツ語で“痛み”を意味する「シュメ…

    (2017年10月08日 02:04)

  • ベビースターラーメン 即席麺の「かけら」商品化

     約60年間愛されてきた「ベビースターラーメン」は、1959年に「ベビーラーメン」の名で発売された。考案した松田産業(当時)の創業者、松田由雄氏(14~92年)…

    (2017年09月24日 03:22)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANA チャーター機で「赤ちゃん泣かない」飛行 結果は
  2. 骨折 自分の骨で固定し治療 手術中ねじに加工 島根大
  3. ANA 「サバ機」最後の姿 B787の2号機塗り替えへ
  4. スーパー クレしん25周年で春日部にサトーココノカドー
  5. 違法操業 イカ漁荒らす北朝鮮、レーダーに無数の船影 しけで多数の転覆・漂流も 日本海・大和堆

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです