メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にいがた記者日記

  • 「芸術取材」の秋=井口彩 /新潟

     美術館や博物館で催される「○○展」をしばしば取材する。私にとって展覧会取材の醍醐味(だいごみ)は、学芸員や職員の人たちから展覧会の趣旨や作品の魅力、作者の人生…

    (2018年9月19日 10:45)

  • 語る苦しみ=南茂芽育 /新潟

     8月15日の終戦の日を前に、戦時中に東京から新潟に集団疎開した海老ケ瀬京子さん(84)と、受け入れ先の小学校の児童だった平野キヨさん(83)から話を聞いた。 …

    (2018年9月12日 10:46)

  • 命の重さ=堀祐馬 /新潟

     県教育委員会高校教育課の女性職員が長時間労働の末1月に死亡した問題で、関係者に処分が下った。時間外労働の管理担当だった当時の課長補佐が戒告、当時の課長は文書訓…

    (2018年9月5日 10:46)

  • ジムニー待ちますか?=若狭毅 /新潟

     最高気温40度超えがあったばかりですが、目下の最大関心事は雪がいつ降るか。長岡に赴任して初めての冬です。か弱い愛車は果たして、新潟の雪に耐えられるのか。 東京…

    (2018年8月29日 10:53)

  • 「小さな絵本館サバト」=内藤陽 /新潟

     柏崎市で子供たちに絵本を読む機会を提供してきた「小さな絵本館サバト」が創設20周年を迎える。蔵書約8000冊。ボランティアで小学校で読み聞かせも行ってきた。 …

    (2018年8月22日 10:46)

  • 出せるか新たな「にぎわい」=浅見茂晴 /新潟

     糸魚川大火から1年7カ月が過ぎた。被災地では被災者向け市営住宅の建設が始まり、200トンの防火水槽の設置も順調に進んでおり、市が復興まちづくり計画で示した三つ…

    (2018年8月1日 10:59)

  • 次のステージへ=北村秀徳 /新潟

     夏の高校野球新潟大会の決勝が24日行われ、ほとんどの3年生たちにとっては今大会が最後の公式戦となった。試合に敗れ、球場を去る多くの生徒は悔し涙を流していた。 …

    (2018年7月25日 11:05)

  • 日本海の夕日=井口彩 /新潟

     「泣くほど奇麗だから」と上司に言われ、夕日が沈み行く日本海を訪れたのは6月のこと。午後6時半過ぎ、新潟市中央区の支局そばにある海岸沿いの駐車場に向かった。 刻…

    (2018年7月18日 10:25)

  • 投票だけが選挙じゃない=南茂芽育 /新潟

     先月27日、花角英世新知事(60)が6月定例会の所信表明に立った。慣れた様子で原発安全性に関する「三つの検証」の継承などを語る花角氏だったが、傍聴席に座る人は…

    (2018年7月11日 11:46)

  • 夏こそ小千谷縮=若狭毅 /新潟

     せっかく小千谷市の記者会見に出るのだからと、着物姿で市役所を訪ねたのは、赴任間もない5月のこと。着物に興味のある人なら、小千谷縮(ちぢみ)を知らない人はいませ…

    (2018年6月27日 10:47)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 大相撲秋場所 栃ノ心、横綱つり上げ破る 理事長も驚く
  3. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声
  4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
  5. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです