メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にいがた記者日記

  • 母の覚悟=南茂芽育 /新潟

     「本当は子ども、もう一人欲しいの」。今月初旬、東京電力福島第1原発事故後に子ども2人と県内に自主避難している女性と話していた時、女性がふと漏らした言葉だ。「そ…

    (2019年3月20日 10:50)

  • 球数制限、まずは試行を=堀祐馬 /新潟

     第91回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)が23日に開幕する。県勢はあいにく5年連続で出場を逃しているが、それよりも世間をにぎわせているのが…

    (2019年3月13日 12:07)

  • だって埼玉だから=若狭毅 /新潟

     長岡で暮らすようになって1年。最も大きな生活パターンの変化は映画を見なくなったこと。前任地の東京だけでなく、大阪、盛岡のときも年間50~60本は見ていました。…

    (2019年3月6日 10:17)

  • 雪かきでプチ罪滅ぼし?=浅見茂晴 /新潟

     冬も第4コーナーを回り、雪の心配も、まもなく終わるのだろうか。昨シーズンほどではないが、雪が降るたびに、通信部の駐車場をかいた。筋肉はパンパンに張り、腰は痛い…

    (2019年2月27日 11:16)

  • かやぶきの民家=板鼻幸雄 /新潟

     半世紀にわたり、かやぶきの民家を描き続けてきた魚沼市の画家、早津剛さん(80)が、自身の作品50点を魚沼市に寄贈した。先月、同市内で贈呈式があり、早津さんから…

    (2019年2月20日 10:58)

  • 火災人ごとではない=北村秀徳 /新潟

     今年最初の仕事は1月2日、佐渡市両津で発生した、親子3人が亡くなった大規模火災の現場取材だった。近隣の住宅や店舗約10軒を焼いた火災は、記者歴1年の私にとって…

    (2019年2月13日 10:58)

  • ささ団子作り教室=井口彩 /新潟

     2日に三条市で行われたささ団子作り教室に参加した。地元への帰省時、お土産はいつもささ団子。どんなふうに作るのか気になった。 3日の記事に「参加者たちはささの葉…

    (2019年2月6日 10:33)

  • 戦争だけじゃない「平和」=南茂芽育 /新潟

     「また戦争話の取材?」。昨年冬、新年連載のテーマを「平和」にすると周りに告げた時、一部から返ってきた言葉だ。平和と言えば戦争。多くの人が持つそのイメージはとて…

    (2019年1月16日 10:48)

  • 地方の日韓友好続けて=堀祐馬 /新潟

     「あなた、韓国語が話せるのね」 7日に掲載した駐新潟韓国総領事の鄭美愛(ジョンミエ)総領事のインタビュー中、鄭総領事に驚かれた。私の話した日本語が偶然にも鄭総…

    (2019年1月9日 11:02)

  • 年末ワイド版/9止 インバウンド大幅増 来年は観光政策元年に=堀祐馬 /新潟

     2018年は県内で外国人観光客(インバウンド)を見かける頻度が大幅に増えた。新潟空港を訪れると台湾や中国出身とみられる旅行客が、趣味の自転車で弥彦神社を訪れた…

    (2018年12月30日 10:52)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 武田・厚労省課長 韓国で逮捕 「韓国人嫌い」空港職員に暴行か
  2. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  3. 神奈川知事選 現職と新人の2氏が届け出 県政継続の是非が争点
  4. 大谷、イチローの開幕戦を夜更かし観戦
  5. 三重知事選 現職と新人の2氏が届け出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです