メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ならまち暮らし

  • 中将姫の絵物語=寮美千子 /奈良

     5月14日、当麻寺で「練供養会式」があった。この供養は、蓮(はす)の糸で「当麻曼荼羅(まんだら)」を織った中将姫の伝説に基づいている。お練りは、姫を迎えにきた…

    (2017年5月17日 15:37)

  • ナガミヒナゲシ大繁殖=寮美千子 /奈良

     街角のいたるところにオレンジ色のポピーが咲いている。やわらかくて透けそうに薄い花びらが細い茎の上で揺れ、いかにも可憐(かれん)だ。ところがこの花、実は驚くほど…

    (2017年5月3日 15:40)

  • 昔なつかしい引き売り=寮美千子 /奈良

     ならまちを歩くと、昔なつかしい引き売りに出会う。一つはお豆腐の引き売り。「パープーパープー」とノスタルジックなラッパの音が聞こえると、ゆっくりと自転車をこぐ藪…

    (2017年4月19日 16:29)

  • おおれんぞ=寮美千子 /奈良

     奈良に来て、はじめて「れんぞ」という言葉を聞いた。日本国語大辞典には「奈良県で農家の春休みをいう。会式や練供養(ねりくよう)と結びついたものがある」とある。「…

    (2017年4月5日 16:02)

  • 赤煉瓦とグランドピアノ=寮美千子 /奈良

     空は青かった。緑青(ろくしょう)色のとんがり屋根のかなたを白い雲が流れていく。西洋のお城を思わせる赤煉瓦(れんが)の壮麗な建物の前に、グランドピアノが置かれて…

    (2017年3月23日 15:30)

  • 幼稚園で百人一首=寮美千子 /奈良

     奈良市西木辻町の愛染(あいぜん)幼稚園では、年に一度、園児たちが百人一首を学ぶ日がある。「あのむずかしい百人一首を、どうやって幼い子どもたちに教えるのだろう」…

    (2017年2月22日 16:14)

  • 大黒さま交代=寮美千子 /奈良

     節分も近いある日、北京終町の四本雅勇(よつもとまさお)さん(79)から「毎年、興福寺の追儺会(ついなえ)で大黒さまをさしてもらってきたんですけど、今年は交代す…

    (2017年2月8日 13:38)

  • 偉大なる田舎=寮美千子 /奈良

     奈良が好きで、奈良に越してきた人は多い。アウトドア用品メーカー「モンベル」会長の辰野勇さん(69)も、その一人。20年前から奈良市高畑町に住んでいる。 実家は…

    (2017年1月25日 16:27)

  • せいび歩こう会=寮美千子 /奈良

     マンションの掲示板に、毎月、細かい手書きの文字のチラシが張りだされる。「せいび歩こう会」の案内だ。ボランティアによって運営されるこの会は、年間4万5000円の…

    (2017年1月11日 16:04)

  • 縄文の息吹=寮美千子 /奈良

     奈良に住むようになってから、大和朝廷以前の日本の姿が気になって仕方ない。古事記には、天照大神(あまてらすおおみかみ)の使者である建御雷(たけみかづち)が、出雲…

    (2016年12月14日 16:11)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 吉本新喜劇 初の女性座長…30歳の最年少、酒井藍さん
  2. 女子ゴルフ 宮里藍、今季限りで引退へ
  3. 松尾貴史のちょっと違和感 安倍首相の国会答弁 あまりに下品で不誠実で幼稚
  4. 辞職 「うそつき市長と呼ばれてもしかたない」兵庫・三木
  5. 現役官僚 国会答弁、そんたくの嵐 官邸に人事握られ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです