メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

幸せの学び

  • <その183> 産休と新聞活用=城島徹

     新聞を活用した授業のベテラン、大阪市立昭和中学校指導教諭の植田恭子さん(59)が定年を目前にした今秋、博報児童教育振興会の「第48回博報賞」の国語・日本語教育…

    (2017年12月06日 12:11)

  • <その182> ブックインとっとり=城島徹

     地方での出版活動を奨励しようと全国の優秀作品を顕彰する「ブックインとっとり」が30回の節目を迎えた。この草の根活動を参考に韓国でも同様の取り組みがスタートし、…

    (2017年11月15日 17:37)

  • <その181> 反骨のルポライター=城島徹

     「自動車絶望工場」「六ヶ所村の記録」「大杉栄 自由への疾走」「狭山事件 石川一雄、四十一年目の真実」などの著作があるルポライター、鎌田慧さんの半生を浮き彫りに…

    (2017年11月08日 19:25)

  • <その180> 味ハ人ナリ=城島徹

     「食いだおれの街」大阪で健筆をふるうグルメライターの団田芳子さんが自身の行きつけ50軒を紹介した新刊「私がホレた旨し店 大阪」を出した。「みんな味のあるオモロ…

    (2017年10月25日 17:03)

  • <その179> 政治家の原風景=城島徹

     希望の党の代表に就任し国政を揺るがす小池百合子東京都知事がテレビの人気キャスターから政界に打って出た四半世紀前、彼女の故郷「阪神間」で取材した私のノートには政…

    (2017年10月04日 17:16)

  • <その178> 絆結ぶ信州の高校生=城島徹

     南信州・伊那谷の長野県松川高校(松川町)ボランティア部の生徒たちが東京のアンテナショップ「銀座NAGANO」に現れた。東日本大震災の津波に襲われた宮城県石巻市…

    (2017年09月20日 16:28)

  • <その177> ドン底生活=城島徹

     1917(大正6)年、大阪毎日新聞(毎日新聞の前身)に「ドン底生活」と題したスラム街のルポルタージュが掲載された。社会の底辺であえぐ民衆に寄り添って取材し、統…

    (2017年08月30日 16:43)

  • <その176> 神宿る海の正倉院=城島徹

     ユネスコの世界文化遺産に登録された沖ノ島の写真展「沖ノ島 神宿る海の正倉院」が東京の日本橋高島屋で8月1日まで開かれている。玄界灘に浮かぶ周囲4キロの御神体の…

    (2017年07月19日 17:41)

  • <その175> 丸刈り余話=城島徹

     「僕は丸刈りにしたくない」。30年前、男子生徒の丸刈りを事実上規則化していた神戸市立中学への進学を避けようと、頭髪が自由な国立大付属中を目指して猛勉強する小学…

    (2017年07月12日 18:37)

  • <その174> 父の遺志=城島徹

     作家の井上ひさしの三女で劇団「こまつ座」代表の井上麻矢さんが、「平和の尊さを次世代に伝えたい」という父の遺志を受け継ぐ朗読と講演を続けている。強い個性ゆえの衝…

    (2017年07月05日 15:51)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. シングルマザー 3人に1人「クリスマスなければいい」
  2. 名古屋大 尿検査で5種類のがん発見 早期治療に期待
  3. トーク 妥協なき挑戦積み重ね 2度目の上方漫才大賞 海原やすよ ともこ
  4. 食中毒 校庭の植物で 男児2人、キョウチクトウ食べ 高松 /香川
  5. ORICON NEWS “余命3ヶ月”宣告の大林宣彦「あと30年は映画を作る」 “がん”を一喝「もっと利口になりなさい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです