メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

幸せの学び

  • <その168> 写真を読み解く=城島徹

     新聞の写真を読み解く力をつけようという国語の授業に秋田県立大曲農業高校の佐藤香教諭が取り組んだ。視覚に訴える写真と記事を読みこんだ生徒らは「撮影した記者の思い…

    (2017年03月22日 15:02)

  • <その167> 新聞は総合栄養食=城島徹

     小中学校や大学を訪ねての出前授業で新聞の長所を話すようにしている。新聞離れという切羽詰まった事情もあるが、好物ばかり口にする偏食への警告と同様に、ニュースや情…

    (2017年02月15日 18:54)

  • <その166> フォトジャーナリストの原点=城島徹

     感受性豊かな思春期の体験は心を激しく揺さぶり、歩むべき道を決することすらある。アジア、中東、アフリカ、そして東北の被災地などを取材し、写真や文字、言葉で精力的…

    (2016年12月28日 13:35)

  • <その165> 国際援助と憲法前文=城島徹

     「国際理解教育って今すごく大事ですね」。アフリカ研究者の勝俣誠さん(70)は焼鳥屋に私を誘うと熱く語り始めた。新著「娘と話す 世界の貧困と格差ってなに?」をさ…

    (2016年12月21日 10:31)

  • <その164> 富弘美術館=城島徹

     晩秋の東北に出張した夜だった。「体力づくり」に熱心という山間部の中学校をともに訪ねた元体育教師と地酒を酌み交わしていると、不意に「星野富弘という人物を知りませ…

    (2016年11月23日 17:00)

  • <その163> 世界150カ国を旅した夫婦=城島徹

     小春日和の長野・菅平高原に世界の旅に人生の多くを費やしてきた夫婦を訪ねた。「人々との交流や美しい自然に感動した私たちのような旅はもはや難しいのでしょうね。良い…

    (2016年11月16日 10:36)

  • <その162> 仲間へのメッセージ=城島徹

     学校の仲間に応援メッセージを贈る第5回「私のアイアイメッセージコンテスト」(毎日新聞社主催)で奈良市立登美ケ丘北中3年の吉澤佑人さん(15)が文部科学大臣賞を…

    (2016年11月02日 10:00)

  • <その161> 風に吹かれて=城島徹

     ボブ・ディランのノーベル文学賞受賞というニュースを聞き、1978年2月に日本武道館で行われた日本初公演を思い出した。「ギター1本で体制にあらがうフォークの神様…

    (2016年10月19日 10:00)

  • <その160> 楽しくみんなでNIE=城島徹

     「NIE(教育に新聞を)」活動に取り組む教師が大分市に集まった今夏の「第21回NIE全国大会」は新聞関係者を含め1400人が参加する盛会となった。その運営委員…

    (2016年09月14日 10:30)

  • <その159> ラブリバー多摩川=城島徹

     高度経済成長期にごみの不法投棄や生活排水で「死の川」と化した多摩川にレンズを向けるカメラマンがいた。当時、毎日新聞社に勤めていた写真家の江成常夫さん(79)だ…

    (2016年09月07日 00:01)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さま 中等科卒業記念文集の作文全文
  2. とんかつDJアゲ太郎 テレビアニメ化もされた異色マンガが最終回 2年半の連載に幕
  3. 柳葉敏郎 17年ぶりに“歌声”収録 力強く秋田をPR
  4. 世界の雑記帳 ワニがいる川に飛び込み重傷の豪男性、デートの約束をゲット
  5. 森友学園 籠池氏喚問、懐疑の目 「首相の名誉のため」「ショーにするな」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです