メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Shall・we・バレエ?

  • これぞ英国「ロイヤルスタイル」=斉藤希史子

     バレエ界の最高権威「ブノワ賞」が日本時間の6日、モスクワで発表され、女性ダンサー部門の候補だったオーストラリア・バレエの近藤亜香(あこ)(愛知県出身)は、惜し…

    (2018年6月11日 12:13)

  • 新作を生み出すマグマ=斉藤希史子

     差し伸べた指の先に無限の宇宙を感じさせ、踏みしめた足の底に地球の核を思わせる--。コンテンポラリー(現代)ダンスの分野で世界的に活躍する中村恩恵(めぐみ)=写…

    (2018年05月14日 14:31)

  • 花の命 燃やし尽くして=斉藤希史子

     Kバレエカンパニーの浅川紫織が、今秋の「ロミオとジュリエット」を限りに引退を決めた。「クレオパトラ」などの大作に次々と主演し絶頂期にあるものの、6年前に痛めた…

    (2018年04月09日 15:07)

  • 上演続く「海賊」 劇的演出で血通わす

     NBAバレエ団が久保綋一芸術監督による「海賊」全2幕を東京文化会館で初演した。「決定版のない古典」と呼ばれる作品に大なたをふるい、血湧き肉躍り心も震える群像劇…

    (2018年03月28日 12:43)

  • 椿姫とアントニア 死にゆくヒロインの系譜

     「ドラマの巨匠」ジョン・ノイマイヤー率いる独ハンブルク・バレエ団が来日し、代表作「椿姫」を上演した。新国立劇場バレエ団は演劇の本場・英国の傑作として、約2年ぶ…

    (2018年2月21日 12:29)

  • 登竜門、入試の季節 ふさわしい巣、選択を

     ダンサーの登竜門であるスイス・ローザンヌ国際バレエコンクールの季節が、また巡ってきた。第46回となる今年の現地審査は28日に開幕し、世界各地の少年少女78人(…

    (2018年1月24日 15:01)

  • Kバレエ「クレオパトラ」 宿命の女の潔さ

     Kバレエカンパニーが今秋、「クレオパトラ」全2幕を世に問うた。創設から18年、芸術監督の熊川哲也が初めて手掛けた完全オリジナルの大作だ。世界史上に輝く美貌の女…

    (2017年12月20日 15:05)

  • 肩書は「バレリーナ」 永遠に誇り高く

     吉田都が文化功労者に叙された。「思わぬ栄誉」「私だけ場違い」と本人は謙虚だが、英国の名門バレエ団で20年以上もプリンシパル(最高位)を務めた足跡は、「功労」以…

    (2017年11月15日 15:07)

  • くるみ割り人形 ヒロインは少女か女王か

     歳末が近づくと、バレエ公演はチャイコフスキーの「くるみ割り人形」一色になる。少女が聖夜に見た夢を描く、ホフマン原作のファンタジー。家族連れに薦めたいが、演出に…

    (2017年10月18日 15:13)

  • トーシューズと白足袋 天上の美を支える足元

     バレエの象徴であるトーシューズは「天上の舞」を現出すべく、発明された。ロマン主義全盛のパリ。バレリーナはふわふわと漂う「シルフィード(風の精)」などにふんした…

    (2017年09月20日 15:04)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  2. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
  3. 子育て世帯 平均年収683万円 5年前より86万円増
  4. サッカー日本代表 トルシエ氏 1次L突破「可能性ない」
  5. 名人戦 佐藤が3連覇 4勝2敗で羽生降す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです