メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

田中優子の江戸から見ると

法政大総長の田中優子さんのコラム。ものや人や風景を取り上げながら、江戸から見る今の東京について語ります。

  • 命は生産物か

     LGBTの人たちは生産性がないのだからそこに税金を使うべきではない、という自民党議員の考えを知ったとき、税金を使って不妊手術をした旧優生保護法を思い出した。生…

    (2018年08月15日 14:58)

  • 琉球国その文化の高さ

     東京は六本木にある「東京ミッドタウン」。そのなかにサントリー美術館がある。今年は9月2日まで、「琉球 美の宝庫」を開催している。今までにも、沖縄県を含めさまざ…

    (2018年8月8日 15:04)

  • 忖度社会

     6月最終回で「忖度(そんたく)」について触れた。寛政異学の禁を発令した幕府の意向を忖度して藩校に朱子学者を用いる藩もあった、と。民主主義の理念がなかった江戸時…

    (2018年8月1日 12:56)

  • 「晩活」

     前回「晩節」について書いたが、これからは高齢者が活躍する「晩活」も大事だ。江戸時代には「隠居」という生き方があった。井原西鶴は商人だったが30代で俳諧の宗匠と…

    (2018年7月25日 12:53)

  • 晩節という楽しみ

     江戸時代は今のような高齢化社会ではないが、ゆるやかな人口増加のなか元気な高齢者は多かった。浮世絵や都市図、農耕図のなかにも、孫の面倒をみる高齢者や働く高齢者が…

    (2018年7月18日 14:44)

  • 「震災」

     ちかごろ地震が続いている。日本はそもそも地震国だ。江戸時代でも、複数の地震が起こった。 初期の大震災が、新暦で1703年12月31日午前2時ごろ起こった元禄地…

    (2018年7月11日 13:09)

  • 七夕

     もうすぐ七夕だが、今年の7月7日は旧暦ではまだ5月24日で、梅雨の真っ最中である。さわやかな風の吹く秋の星祭りである七夕とは季節がまったく異なるので、私は毎年…

    (2018年7月4日 12:32)

  • 雨の聖堂

     法政大学は千代田区の九段三丁目町会に属していて、町会は日枝神社の氏子である。そこで日枝神社(山王大権現)の例大祭で、私も行列とともに8日に歩いた。 江戸時代は…

    (2018年6月27日 14:37)

  • 慰霊の日に考える

     23日は沖縄の「慰霊の日」である。以前も慰霊の日にちなみ終戦日について書いたが、今回気になっているのは日米地位協定だ。 沖縄県はホームページで、「他国地位協定…

    (2018年6月20日 15:15)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 秋田県民「正直驚いた」金足農快進撃のなぜ
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 大阪市有識者懇 天王寺動物園「独法化」提言 全国でも初
  4. ORICON NEWS 安室奈美恵、引退前夜に故郷沖縄でライブ 異例のフェス形式「とても光栄」
  5. 台風20号 あす西日本接近

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです