メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

田中優子の江戸から見ると

  • しあわせの経済

     11月11日から12日まで、東京で「しあわせの経済」世界フォーラムが開催された。明治学院大学の辻信一さんとスウェーデン人のヘレナ・ノーバーグ・ホッジさんが実現…

    (2017年11月22日 15:03)

  • 資格か信用か

     江戸時代、教師も医師も免許制度がなかった。医者の看板は、もう修業は十分と自分が思ったり、師が許可したりすれば出すことができた。落語「死神」では死神の助言で医者…

    (2017年11月15日 15:07)

  • 沖縄を知ろう

     法政大学には、沖縄が復帰した1972年に設立された沖縄文化研究所がある。沖縄県外における沖縄研究の拠点だ。台風に日本列島が襲われた10月22日、大学で「東京・…

    (2017年11月8日 15:02)

  • 春の城

     「石牟礼道子と出逢(であ)う」という催し物で話をした。島原天草一揆(1637~38年)を題材にした「春の城」が単行本化され、そこに解説を書いたご縁である。 島…

    (2017年11月1日 15:12)

  • アバターの社会

     NHK・Eテレで先日、「自閉症アバターの世界-脳内への旅」が放送された。社会学者の池上英子さんがアメリカで、自閉スペクトラム症の人々に会って話を聞く番組である…

    (2017年10月25日 15:02)

  • 選挙

     衆議院選挙の投開票日が迫ってきた。江戸時代の人々には選挙権がなかった。だからといって生きる上でとっても困る、ということはない。村は直接の合議で運営されていたか…

    (2017年10月18日 15:13)

  • 読書

     前回書いた北海道新聞のフォーラムで、保阪正康さんがトランプ大統領やプーチン大統領、安倍晋三首相などを次々に挙げて、読書をしているかどうかユーモラスに「判定」し…

    (2017年10月11日 15:07)

  • 失敗を振り返る

     9月18日に、北海道新聞主催のフォーラムに出演した。ノンフィクション作家の保阪正康さんが、東大名誉教授の姜尚中さんとともに、札幌で続けている歴史から学ぶシリー…

    (2017年10月4日 15:05)

  • 落とし穴か隠れみのか

     近松門左衞門の浄瑠璃に「鑓(やり)の権三(ごんざ)重(かさね)帷子(かたびら)」という作品がある。娘の婿になると約束させて門外不出の茶の湯の巻物を見せる。とこ…

    (2017年9月27日 15:27)

  • 真ん中の人々

     1715年、大坂竹本座で「国性爺合戦」が初演された。それから17カ月にわたるロングランは浄瑠璃史上初めてだった。主人公の名は和藤内。和人すなわち日本人でも、唐…

    (2017年9月20日 15:04)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 草なぎ剛 「新しい可能性を信じて努力したい」 “今年最も輝いた男性”に喜び
  2. 大相撲九州場所 白鵬自ら「物言い」 軍配変わらず初黒星
  3. 女性議員の産休 公表で批判続々 前例少なく制度整備遅れ
  4. 首相 「籠池被告は詐欺を働く人物」 法曹関係者が批判
  5. 「森友」検査院報告 解明、あとは首相「誰が得、究明を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです