メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

田中優子の江戸から見ると

法政大総長の田中優子さんのコラム。ものや人や風景を取り上げながら、江戸から見る今の東京について語ります。
  • 石牟礼道子を悼む

     2月10日、石牟礼道子さんが亡くなった。河出書房新社の「世界文学全集」には、日本人作家の長編として唯一、石牟礼さんの「苦海浄土」が収められている。その責任編集…

    (2018年2月21日 12:17)

  • 雪から新春へ

     2月16日は旧正月で本来の日本の新春である。今年の冬は寒かった。雪もたくさん降った。こういう冬を経ると、正月はなるほど春の到来だと感じられる。 雪を見ながら「…

    (2018年2月14日 15:09)

  • 多層都市

     トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都だと認め、火に油をそそいだ。エルサレムはユダヤ教にとってもイスラム教にとっても聖地だからである。私が通ったキリス…

    (2018年2月7日 15:15)

  • 合わせ

     平安時代から続いている日本の方法に「合わせ」というものがある。歌合(あわせ)は左右に分かれて歌の優劣を競う。判者のほかに応援者がいて念人(おもいびと)という。…

    (2018年1月31日 15:06)

  • 駅伝

     今年も箱根駅伝がおこなわれた。法政大学は19位で出発して箱根で5位にまでなり、復路では一時4位になったが、総合で6位となって来年のシード権を獲得した。マスコミ…

    (2018年1月24日 15:02)

  • 襲名

     今年は、二代目松本白鸚、十代目松本幸四郎、八代目市川染五郎の襲名披露の年である。 松本幸四郎は江戸時代の1716年から続く名跡で、市川団十郎と並び称された江戸…

    (2018年1月17日 15:14)

  • 江戸東京の研究拠点

     2018年、あけましておめでとうございます。といっても江戸国はまだ11月で、師走にもなっていない。江戸に正月が来るのは、今年は2月16日である。 その江戸のこ…

    (2018年1月10日 15:03)

  • もどき

     私は大学生のころ、研究者の本ではなく小説家のエッセーを読んで江戸文化にのめりこんだ。非常に衝撃的な体験で、日本文化の重大なメカニズムが瞬間的に見え、「わかった…

    (2017年12月27日 15:13)

  • 横綱の品格

     相撲界ではこのところ「横綱の品格」が問題になっている。相撲を格闘技だと考えると品格ってほんとに必要?と思うかもしれないが、必要なのだ。 江戸時代は大関が最高位…

    (2017年12月20日 15:04)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 五輪スケート 高木菜が金で初代女王に マススタート
  2. Features・平昌の主役たち Vol.13 スピードスケート女子団体追い抜き 高木菜那・高木美帆
  3. 五輪カーリング 日本女子が銅 男女通じて初のメダル
  4. 五輪スケート 妹の背追い 高木菜、努力と意地 最後に金
  5. 五輪カーリング 注文殺到!カー娘「おやつ」 北見の銘菓

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです