メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

田中優子の江戸から見ると

  • 医より養生

     「ながら体操」が流行しているという。発案者の方がそれを始めたきっかけが、江戸時代に書かれた貝原益軒の「養生訓」だったと聞いた。確かに「身体は日々少しづつ労動す…

    (2017年6月21日 15:13)

  • 阿波の箱まわし

     わけあって徳島市の芝原に「箱まわし」の調査に行った。箱に人形を数体入れて、門付けしながら玄関先で人形を動かし、正月を祝う行事である。人形は三番叟(さんばそう)…

    (2017年6月14日 15:17)

  • 女たちの一揆

     札幌で行われたWANのシンポジウムに会員として参加した。WANとは、上野千鶴子さんが理事長を務めるWomen’s Action Networkのことである。 …

    (2017年6月7日 15:14)

  • 寒い夏

     夏を迎える。暑いのは大好きなのだが、夏が近づくと毎年、ある恐怖感に襲われる。建物の中が寒いことである。先日、文部科学省で長時間の会議があり、体全体が冷えてしま…

    (2017年5月31日 15:12)

  • 「もうひとつの国」への夢想

     今年の4月、「吉里吉里忌」に招かれて「井上ひさしと江戸」という講演をおこなった。考えこんだのは「吉里吉里国」の可能性である。日本の中に異なる法律や考え方の国が…

    (2017年5月24日 15:16)

  • 人権の重さ

     「スノーデン 日本への警告」という本が出版されている。エドワード・スノーデン氏が、大量監視とそれについてのリークは、日本にどのような関わりがあるのか、日本人に…

    (2017年5月17日 15:10)

  • 水族館劇場

     誰かの夢の中に、あるいは自分の過去の夢の中に迷い込んだようだった。つい先日、新宿・花園神社にしつらえられたテント劇場で、「この世のような夢・全」という芝居を見…

    (2017年5月10日 15:19)

  • 明治150年の「時間」

     2018年は明治時代開始から150年となり、政府はさまざまな企画を立てるようだ。明治時代は江戸時代を否定して始まったわけだから、私も無関心ではいられない。この…

    (2017年4月26日 15:20)

  • 強さとは何か

     江戸時代に入ったとき、徳川政権は何を考えたのだろうか? たびたび私の脳裏に浮かぶ疑問だ。東南アジア各地に広がった日本人町を放棄し、朱印船貿易もやめ、鉄砲を使わ…

    (2017年4月19日 15:09)

  • 安全と安心

     豊洲問題の行方は誰もが気になるところだが、その経緯の中で「安全」と「安心」についての政治家の発言を聞いた。専門家が科学的に安全だと言っているのに、安心まで求め…

    (2017年4月12日 17:43)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民 「死ねば…」の暴言も 豊田真由子衆院議員が離党届
  2. 不審物 「白い粉」はベビーパウダー 高校生「落とした」
  3. 北海道・遊園地 「バイキング」から転落、小6男児けが
  4. 暴言 支援学級担任が「色気付きやがって」 生徒不登校に
  5. 加計問題 公明代表「説明責任を果たして」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです