メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

田中優子の江戸から見ると

  • 真ん中の人々

     1715年、大坂竹本座で「国性爺合戦」が初演された。それから17カ月にわたるロングランは浄瑠璃史上初めてだった。主人公の名は和藤内。和人すなわち日本人でも、唐…

    (2017年9月20日 15:04)

  • 性別の無い世界

     介護を必要としないシニア向けマンションが増えている。シングルの方も多い。そこに暮らす知人の話では、暇をもてあますとうわさ話に花を咲かせる人が出てくるという。そ…

    (2017年09月13日 15:13)

  • 現場

     1944年のインパール作戦は無謀な作戦の代名詞としてつとに知られている。そこで今年の終戦記念日に放送されたNHKスペシャル「戦慄(せんりつ)の記録 インパール…

    (2017年9月6日 15:05)

  • 高齢者の心得

     高齢者だから言えることがある。2017年度当初予算の社会保障費の割合は約33%。その8割がたは年金、医療、介護に使われる。つまり高齢者がかなりの国費を使ってい…

    (2017年8月30日 15:10)

  • オリパラに思う

     オリンピック・パラリンピックについてインタビューを受けた。私は東日本大震災とくに福島の復興が終わらないうちに巨額な費用を使うのは賛成できなかった。しかしオリン…

    (2017年8月23日 15:04)

  • 終戦から72年

     8月15日は、終戦から72回目の終戦記念日だった。法政大学は初めて、終戦の日の総長メッセージを出した。3月のこの欄でも紹介したように、1月に「軍事研究や人権抑…

    (2017年8月16日 15:07)

  • 2040年の世界と大学

     ちょっとおおげさなタイトルだが、このテーマで有志の国公私立大学学長総長たちが集まり議論した。この会議での私の役割は、「江戸から見る2040年」というタイトルで…

    (2017年8月9日 15:02)

  • ころも

     「昔のように自由な発言もできないし好きな服も着られない。とても苦しい」と、稲田朋美前防衛相が言ったとか。その真偽は知らないが、組織の上に立つ女性にとって、服装…

    (2017年08月02日 15:09)

  • 椅子

     私は今、デスクワークを立って行っている。ずいぶんさまざまな椅子を試したが、ぴったりこない。工学で計算した高価な椅子はあるらしいが、高い金額を払ってだめだったと…

    (2017年7月26日 15:13)

  • 三方一両損の深さ

     「三方一両損」は落語でおなじみだ。大工が落とした3両の小判を左官が拾い、届けるが、大工は受け取らない。言い合っているうちにお裁きということになる。大岡越前が1…

    (2017年7月19日 15:04)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香取慎吾 スマステ最終回で感激 「信じられない! 夢かなっちゃった」
  2. 香取慎吾 スマステ最終回で「新しい地図」に言及 「皆さんと一緒に大きな地図を…」
  3. ORICON NEWS 『SmaSTATION!!』16年の歴史に幕 香取慎吾が感謝「ありがとう!」 東京タワーも粋な演出
  4. 北朝鮮 李外相「先制攻撃も辞さず」 国連総会で演説
  5. 松尾貴史のちょっと違和感 安倍首相が解散の「ご意向」 命名「わが逃走解散」に1票!

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです