メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遊戯三昧

  • 女性の「聞く力」が信頼に=杉山愛

     テニス界でも引退後に女性らしく輝ける人がもっといてもいいのではないかと思い、女性コーチをテーマに修士論文を書いた。順天堂大大学院のスポーツ健康科学研究科に入学…

    (2017年3月15日 15:22)

  • ダブルス 作戦が左右=杉山愛

     全豪オープンでは、女子ダブルスで穂積絵莉、加藤未唯組がベスト4に入る快挙を成し遂げてくれた。特に絵莉は私のクラブでテニスを始め、今でも母がコーチをしていて、妹…

    (2017年2月15日 15:17)

  • フレンドリーな全豪=杉山愛

     世界のプロテニスは、約1カ月のオフを経て、元日前後からツアー大会が幕を開ける。クリスマスをお祝いした後に、ツアーモードに入るため、私が現役の時はのんびりとお正…

    (2017年1月18日 15:06)

  • こだわり詰まったラケット=杉山愛

     テニス選手にとって命とも言えるラケットだが、こだわりが詰まっている。最近では素材の進化の大きさを実感する。一昔前のウッド(木製)時代は球を押して飛ばす感覚だっ…

    (2016年12月21日 15:08)

  • 出場はトップ選手の証し=杉山愛

     選ばれたトップ8人しか出られない男子テニスのツアー最終戦、ATPツアー・ファイナルが開幕した。どの大会よりも出るのが難しく、出場は一つの名誉にもなる。(錦織)…

    (2016年11月16日 15:14)

  • 正念場のセリーナ=杉山愛

     女子テニスの世界ランキングで3年半も1位に君臨し続けたセリーナ・ウィリアムズ(米国)が、先月に2位に落ちた。元世界1位のシュテフィ・グラフ(ドイツ)と並ぶ18…

    (2016年10月19日 15:07)

  • テニス界、4年後へ充実=杉山愛

     リオデジャネイロ五輪、パラリンピックが幕を閉じた。終わってみて感じたのは、金メダルだけに喜びを感じるよりも、個々の選手が持つ力を最大限に発揮できたことに感動が…

    (2016年9月21日 15:27)

  • 五輪の舞台で成長を=杉山愛

     リオデジャネイロ五輪まで1カ月を切り、テニスも日本代表選手4人が決まった。男子では、3大会連続出場で世界ランキング6位の錦織圭が日本勢として96年ぶりのメダル…

    (2016年7月20日 15:18)

  • 中断時「スイッチ」重要=杉山愛

     約2年ぶりのテニス現場だった。5月22日からパリで開かれていたテニスの4大大会、全仏オープンを久しぶりに現地で見て、やっぱり現場はいいなと思った。出産・子育て…

    (2016年6月15日 15:16)

  • 組市松紋でおもてなし=杉山愛

     テニスで海外を渡り歩いていると、日本は細かな気遣いができ、まじめできちっとしていることが際立って感じる。日本人として素晴らしく誇れることだとずっと思ってきた。…

    (2016年5月18日 15:16)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高野連 PL学園高校の脱退届を受理
  2. ORICON NEWS 『どうでしょう』鈴井貴之氏、今年2月に離婚していた 連名コメント発表
  3. PL学園 外部と隔絶、不祥事生む
  4. 第一パン 「パンパイナッポーアッポーパン」発売
  5. 第89回選抜高校野球 秀岳館・鍛治舎監督が「辞めない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです