メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

柳に風

  • ペンの向きを誤るな=松井宏員

     以前、本欄で昨年9月の沖縄県知事選をめぐるデマについて触れたが、先月24日に行われた県民投票でもデマが飛び交ったようだ。 琉球新報によると、「沖縄県が反対投票…

    (2019年3月11日 16:40)

  • 違和感という警報=松井宏員

     知り合いの女性が言う。 「この間、ネットワークビジネスのセミナーに行ったんですよ」 座がかたずをのむ。 「口コミで商品を売るから、大企業のように宣伝費がかから…

    (2019年2月4日 16:38)

  • トホホな平成=松井宏員

     「平成最後の」が枕ことばのように、そこら中に付いてくるこの平成最後の年末に、平成を振り返ってみた。 平成に変わったのは1989年、兵庫県の姫路支局に勤務してい…

    (2018年12月17日 16:44)

  • その「諦念」を問え=松井宏員

     月に1回、「美食地質学入門」(第1火曜夕刊)の取材の後は、マグマ学者の巽好幸先生らと一献傾けるのが習いとなっている。 巽先生が先夜、災害に対する日本人の「諦念…

    (2018年11月19日 16:56)

  • 口先とデマは要らない=松井宏員

     沖縄県知事選の告示前、週刊文春に「沖縄知事選 与野党候補『隠し子疑惑』を連続直撃」の見出しの記事が掲載された。米軍普天間飛行場の辺野古移設に反対する玉城デニー…

    (2018年10月22日 16:17)

  • 低姿勢を演じる空気=松井宏員

     ここ数年、耳に付くのが「~させていただきます」という言い方だ。政治家も芸能人もスポーツ選手も隣の人も口にするが、どうにも違和感があって、すっきりしない。 毎日…

    (2018年9月3日 16:59)

  • 無知が生む偏見の罪=松井宏員

     若年性認知症の当事者や家族を取材した体験を、大学で社会福祉を学ぶ学生さんに話す機会があった。新聞記者として、というより、私自身が学びの連続だった経験から、コミ…

    (2018年8月6日 17:05)

  • ああスッキリしない!=松井宏員

     先週は落ち着かない1週間だった。 強烈な揺れで始まった18日月曜。電車がストップして出社できず、とりあえず最寄りの阪急茨木市駅の様子を見に行った。駅前のレンタ…

    (2018年6月25日 16:58)

  • その勇気と意地に乾杯=松井宏員

     なじみの北新地のバーに、久しぶりの顔。雑誌編集者の彼女、数年前から水墨画で新境地を開いているのだが、ついに勤めを辞めて創作に懸けるという。近々、展覧会のためパ…

    (2018年5月28日 16:17)

  • 喜びの「高校三年生」=松井宏員

     一昨年春から1年あまり、土曜夕刊の「晴レルデ」で連載した若年性認知症の家族会「希望の灯(あか)り」(堺市南区)が、NHK厚生文化事業団の昨年度の「認知症にやさ…

    (2018年4月23日 16:49)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. ORICON NEWS 中居正広、3年半ぶり『ワイドナショー』出演 松本人志「変な感じ」
  4. リゼロ テレビアニメ第2期の制作決定 ティザービジュアルにスバルとエミリア
  5. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです