メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

柳に風

  • その勇気と意地に乾杯=松井宏員

     なじみの北新地のバーに、久しぶりの顔。雑誌編集者の彼女、数年前から水墨画で新境地を開いているのだが、ついに勤めを辞めて創作に懸けるという。近々、展覧会のためパ…

    (2018年5月28日 16:17)

  • 喜びの「高校三年生」=松井宏員

     一昨年春から1年あまり、土曜夕刊の「晴レルデ」で連載した若年性認知症の家族会「希望の灯(あか)り」(堺市南区)が、NHK厚生文化事業団の昨年度の「認知症にやさ…

    (2018年4月23日 16:49)

  • 書けなかった記事=松井宏員

     1986年に記者のスタートを切った頃はパソコンも携帯電話もデジタルカメラももちろんなく、原稿は手書き。それもはがきより一回り大きいザラ紙の束に、鉛筆で。当時の…

    (2018年3月28日 17:34)

  • 2500通のエネルギー=松井宏員

     私は料理の連載を二つも担当する料理記者でもあります。西川ヘレンさんに家庭料理を作ってもらう「西川ヘレンのこれ食べてみて」は、この春で9年目。女性に絶大な人気が…

    (2018年2月21日 17:12)

  • 世相映すタクシー運転手=松井宏員

     本来は先週掲載のはずの当コラムですが、インフルエンザで寝込んでしまい、今週掲載となりました。相すみません。 熱が出る前の日に乗ったタクシーの運転手さん、「まだ…

    (2018年1月31日 16:30)

  • バシッと言わな!=松井宏員

     「ファシズムの初期症候14項目」というのがある。アメリカの政治学者が唱えたもので、ワシントンのホロコースト記念館に展示されている。これがトランプ政権下のアメリ…

    (2017年12月20日 16:49)

  • 高座から学んでみては?=松井宏員

     先日、桂吉坊さんの独演会を聴きに行った。本紙連載「落語食堂」に出ていただいているご縁もあるが、まだ20代の時の「高津の富」のうまさに度肝を抜かれて以来、独演会…

    (2017年11月22日 16:49)

  • 記憶が歴史になる瞬間=松井宏員

     大阪・天満の天満天神繁昌亭の隣に、3年前までペンションがあった。正確には、後から繁昌亭がやって来たのだが。 そのあるじだった李有師さん(62)と先日、久しぶり…

    (2017年10月25日 17:43)

  • トップの笑えぬウソ=松井宏員

     いつもの酒場で、何の拍子か「今までついたウソ」の話になった。会社や家庭に差し障りがあってはいけないので、詳しくは書けないが、みんな可愛いものだった。隣のサラリ…

    (2017年9月27日 16:54)

  • 土とかけて夫婦と解く=松井宏員

     朝ドラ「ひよっこ」のヒロイン・みね子は、今は東京・赤坂の洋食屋で働いているが、茨城の田舎にいる時に「畑仕事が好きだ」と言うのを聞いて、えらいなあと思った。私の…

    (2017年8月30日 17:00)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 焦点・働き方改革 首都圏・総合病院の医師悲痛 当直明けも分刻み 「長時間労働、野放し状態」
  2. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  3. 「18歳成人」に思う 性別変更、慎重に判断して タレント・KABA.ちゃん(49)
  4. 殺人 自殺装い弟殺害容疑 多額の保険、姉逮捕 堺
  5. クローズアップ2018 違法塀「人災」濃厚 認識に甘さ、命守れず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです