メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

  • 未来への「ゆっくり便」 中国総局・河津啓介

     北京市の南にある首都経済貿易大の学内カフェに、変わった郵便ポストがある。手紙を入れてもすぐには配達されない。送り主が指定する1年以上先の日付に合わせて届ける有…

    (2017年5月17日 03:12)

  • アップタウン・ファンク ブリュッセル支局・八田浩輔

     オランダ南部のさびれた商店街で会ったレイモンド・ランカスターさん(73)の愚痴は止まらなかった。「妻は最低賃金で働き、生活はぎりぎり。私の医療費はかさむ。弱者…

    (2017年5月3日 03:19)

  • カーストへの挑戦 ニューデリー支局・金子淳

     インドの伝統的身分制度「カースト制度」で最底辺に位置するダリト(不可触民)。上位カーストの保守層はダリトを「汚れた存在」とみなし、ともに食卓を囲むのを避ける。…

    (2017年4月26日 03:15)

  • プーシキンの憂鬱 モスクワ支局・杉尾直哉

     モスクワ中心部にロシアの詩人プーシキン(1799~1837年)の銅像がある。1880年に造られた。頭を垂れ、右手を懐に入れて、腹の辺りをさすりつつ歩いているよ…

    (2017年4月19日 02:53)

  • 右傾化する陶磁器の街 欧州総局・矢野純一

     英国中部イングランド地方のストークオントレントは陶磁器の街として知られる。日本でも有名なウェッジウッドなどの窯元があり、多くの外国人観光客が訪れる。 「この街…

    (2017年4月12日 02:54)

  • 原発とコミュニティー ワシントン支局・清水憲司

     米南部ジョージア州オーガスタ。緑豊かな街だが、近郊には、原子力発電所や核関連施設がひしめく。こうした施設は「所得の低い地域に集中する」と以前に聞いてから、ずっ…

    (2017年4月5日 03:14)

  • むなしい「青空作戦」 中国総局・赤間清広

     最低気温が氷点下10度を下回ることも珍しくない北京の冬。人々は合言葉のように「等風来」(風待ちだね)とささやき合う。真冬に吹く風は肌を突き刺す冷たさだが、街中…

    (2017年3月29日 03:17)

  • トランプ大統領の生家 ニューヨーク支局・田中義郎

     米ニューヨーク・マンハッタンの東側にあるクイーンズの閑静な住宅街に、トランプ米大統領の生家がある。この生家が今年1月17日に競売にかけられ、近々、契約が完了し…

    (2017年3月22日 03:10)

  • 政権奪取の正統性 パリ支局・賀有勇

     「マリーヌが大統領になるのは至難の業だ」。4月23日のフランス大統領選に出馬する極右政党・国民戦線(FN)のマリーヌ・ルペン党首について、FN初代党首でルペン…

    (2017年3月15日 03:25)

  • 次世代に託す夢 ウィーン支局・三木幸治

     「どんな時でも私は米国に希望を失いません。(大統領任期の)4年なんて、すぐですよ」。エチオピア出身のタクシー運転手、サラ・ハディさん(53)はハンドルを握りな…

    (2017年3月8日 03:11)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 法科大学院 立教大と桐蔭横浜大が募集停止を公表
  2. 余録 「おれも力が抜け果てた…
  3. 加計学園 首相補佐官が前次官に要請 新設手続き「早く」
  4. 社説 「加計学園」問題で新証言 もう怪文書とは言えない
  5. リバース 湊かなえ3部作コラボ 「夜行観覧車」杉咲花&「Nのために」窪田正孝が出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです