メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

  • 「コト消費」の熱気 中国総局・赤間清広

     ショッピングモールの中にある専用劇場に入ると、その熱気に圧倒された。北京を拠点に活躍するアイドルグループ「BEJ48」の定期公演だ。日本で大人気の「AKB48…

    (2017年11月15日 03:13)

  • 若者のホームレス 欧州総局・矢野純一

     社会福祉が整っているとされる英国だが、街角ではホームレスの姿をよく見かける。 10月中旬の深夜、帰宅途中、自宅があるロンドンの集合住宅の敷地内で、何かにつまず…

    (2017年11月8日 02:49)

  • 日本語と「カイゼン」 北米総局・清水憲司

     「アイダホにようこそ」と、日本語で歓迎されるとは思っていなかったから、少し驚いた。ジャガイモ畑が広がる米西部アイダホ州レクスバーグ市。市長のジェリー・メリルさ…

    (2017年11月1日 03:15)

  • プエルトリカンの思い ニューヨーク支局・國枝すみれ

     いつも笑顔でアパートの扉を開けてくれるドアマンのマルカス・アルフォードさん(52)の表情が暗い。母の故郷でカリブ海にある米自治領プエルトリコが、先月20日のハ…

    (2017年10月25日 02:58)

  • 移民をルーツに持つ パリ支局・賀有勇

     「どこの出身?」。地中海を渡り欧州を目指すアフリカからの難民や移民の取材のため、パリの空港に向かうタクシーの中で運転手のウラスさん(36)に尋ねられた。 「日…

    (2017年10月4日 03:21)

  • 積み重ね アジア総局・西脇真一

     圧倒的な経済力を誇る中国の主導でメコン川の水運開発計画が進むタイ。岩礁を爆破して浅瀬をしゅんせつするなど、強引ともいえる「中国式開発」の印象を聞くと、地元観光…

    (2017年9月27日 02:42)

  • TICADの裏で ヨハネスブルク支局・小泉大士

     8月下旬にモザンビークで開かれた「アフリカ開発会議(TICAD)」の閣僚会合に、日本国際ボランティアセンター(JVC)の渡辺直子さんはビザが発給されず、参加で…

    (2017年9月13日 02:35)

  • 市民と難民つなぐもの ウィーン支局・三木幸治

     米ロックバンドのTシャツにバンダナ姿。シリア難民の男性、サムエル・アサディさん(28)に初めて会った時、難民には見えなくて驚いた。「誰も、私のことをシリア人だ…

    (2017年8月30日 02:21)

  • 生活圏に広がる歴史問題 ソウル支局・大貫智子

     ソウル中心部に近い竜山駅は、地方からの特急列車が到着するターミナル駅で、私を含めた日本人も周辺に多く住む。この駅前広場に今月12日、韓国で初めて日本の植民地時…

    (2017年8月23日 03:46)

  • 友との「約束」を胸に 台北支局・福岡静哉

     台湾では戦後、独裁体制を敷いた蒋介石政権が戒厳令を公布した。反政府活動を理由に、確かな証拠もなく数万~十数万人が連行されたと言われる。「景美人権文化園区」(新…

    (2017年8月16日 03:05)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 前田敦子 “世界一の大泉洋ファン”自負も「大泉の…」と呼び捨て 笑い止まらず
  2. ORICON NEWS 戸田恵子、鶴ひろみさんしのぶ「とにかく悲しい」 “3日前”の約束「いつか守れたら」
  3. 女性議員の産休 公表で批判続々 前例少なく制度整備遅れ
  4. 森友 「特例」指摘次々 値引き「根拠不十分」 検査院
  5. 自主回収 容器取り違え「どん兵衛」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです