メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

  • 「自由」な国、アメリカ ワシントン支局・会川晴之

     どこの国でもタブーはある。自由の国、米国でもそれは同様だ。 米国は、北朝鮮の核・ミサイル開発に業を煮やし、なんとか資金源を絶とうと、海外に派遣された北朝鮮労働…

    (2017年7月26日 03:28)

  • 英才教育の是非 ソウル支局・米村耕一

     文在寅(ムンジェイン)政権がスタートして約2カ月。私が住むソウル郊外の大型団地でも話題になっているのは、「自律型私立高校(自私高)」などと呼ばれるエリート高校…

    (2017年7月12日 03:46)

  • 子育て優先車両 上海支局・林哲平

     中国浙江省杭州市を走る地下鉄で6月、とある車両がお目見えした。緑に彩られた車内に鳥や魚、花のイラストがあふれる。子ども連れの家族や妊婦を対象にした「子育て優先…

    (2017年7月5日 03:04)

  • 二つのザウマーゲン ベルリン支局・中西啓介

     16日に逝去したドイツのヘルムート・コール元首相は独南西部プファルツ地方の出身だ。豚の胃袋にひき肉などを詰めた郷土の料理「ザウマーゲン」と白ワインを愛し、各国…

    (2017年6月28日 03:53)

  • 大統領を売った男 サンパウロ支局・朴鐘珠

     ブラジルで、テメル大統領(76)の汚職疑惑を暴露した富豪のジョエズレイ・バチスタ氏(44)が話題だ。世界20カ国に従業員23万人を抱える食肉加工会社JBSの創…

    (2017年6月14日 03:01)

  • 銅像の前で ロンドン支局・三沢耕平

     「保護主義と闘う」と宣言し先月27日に閉幕したイタリア主要7カ国(G7)首脳会議(サミット)。その取材をするはずがキャンセルし、英中部マンチェスターに向かった…

    (2017年6月7日 03:33)

  • われは神の子 カイロ支局・篠田航一

     これまで何度、同じことをエジプト人から言われただろう。「君は神の子か」と。 「シノダです」と自己紹介するとよく驚かれる。学生時代、初めてエジプトを旅行した24…

    (2017年5月31日 03:13)

  • 未来への「ゆっくり便」 中国総局・河津啓介

     北京市の南にある首都経済貿易大の学内カフェに、変わった郵便ポストがある。手紙を入れてもすぐには配達されない。送り主が指定する1年以上先の日付に合わせて届ける有…

    (2017年5月17日 03:12)

  • アップタウン・ファンク ブリュッセル支局・八田浩輔

     オランダ南部のさびれた商店街で会ったレイモンド・ランカスターさん(73)の愚痴は止まらなかった。「妻は最低賃金で働き、生活はぎりぎり。私の医療費はかさむ。弱者…

    (2017年5月3日 03:19)

  • カーストへの挑戦 ニューデリー支局・金子淳

     インドの伝統的身分制度「カースト制度」で最底辺に位置するダリト(不可触民)。上位カーストの保守層はダリトを「汚れた存在」とみなし、ともに食卓を囲むのを避ける。…

    (2017年4月26日 03:15)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特別防衛監察 「潔さがない」稲田氏に防衛省内部の声
  2. 稲田防衛相辞任へ 自民から厳しい声 国民の命預けられぬ
  3. 日報非公表 稲田氏、関与は否定 特別防衛監察結果を公表
  4. 揺らぐ「1強」 /6 野田聖子・元自民党総務会長 党がモノ言う責任
  5. 朝鮮学校 無償化は義務、国の処分取り消し 大阪地裁判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです