メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

ベテラン専門記者による日替わりコラム。木曜日は北京で長く取材を続けた坂東賢治専門編集委員が中国の政治事情を深く読み解きます。

  • 消えぬトランプ信仰=坂東賢治

     <moku-go> 敗戦から2年後の本紙に「まだいる戦勝狂信組」の見出しで「ブラジル便り」が掲載された。日本の敗戦を信じるかで日系社会が分裂し、テロまで起きた…

  • グロティウスの復権を=坂東賢治

     <moku-go> 17世紀前半、国際紛争を法で規制する必要性や公海の自由を説いたオランダの法学者、グロティウスは「国際法の父」と呼ばれる。 国際政治学では、…

  • アジアのバランス外交=坂東賢治

     <moku-go> 米大統領選で初の女性副大統領の座を確実にしたハリス氏はインド系の血を引く。アイルランド移民の子孫であるバイデン氏もインドに縁がある。 20…

  • 祝電遅らす深慮遠謀=坂東賢治

     <moku-go> 多くの人命が失われた文化大革命(1966~76年)は中国人にとって暗い記憶だが、当時歌われた文革歌謡は今も人気だ。 日本で言えば懐メロだ。…

  • 民主派の親トランプ=坂東賢治

     <moku-go> 今春のことだが、米外交専門誌「アメリカン・インタレスト」(電子版)に掲載された日本政府関係者の匿名論文が議論を呼んだ。 タイトルは「中国敵…

  • 「ミリシア」介入の懸念=坂東賢治

     <moku-go> 米中が初めて結んだ条約は「望厦(ぼうか)条約」だ。アヘン戦争後の1844年にマカオで調印された。この条約で初めて公式に使われたのが「合衆国…

  • 深圳40年と香港の危機=坂東賢治

     <moku-go> 展望を楽しみながら食事ができる回転レストランの発祥の地はドイツ西部のドルトムントとされる。1959年、高さ220メートルのテレビ塔に設置さ…

  • 「バラバラな砂」の不安=坂東賢治

     <moku-go> 「そもそも天下の大勢、分かれて久しくなれば必ず合一し、合一久しくなれば必ず分かれる」。国家は統一と分裂を繰り返すという循環論的な認識を示す…

  • 中台板挟みの芸能人=坂東賢治

     <moku-go> 中国人の姓は1字の「単姓」が一般的だ。中国の「2019年全国姓名報告」によれば、王が最も多く、李、張、劉、陳が続く。 「複姓」といわれる2…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  4. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  5. NY株、史上最高値更新 米追加経済対策に期待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです