メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

らっこ・アーティスト

注目のアーティストの紹介。音楽評論家によるライブ・レビューをお届けします。
  • チリー・ゴンザレス 美醜共存の現実を描け

     淡いタッチのピアノから生まれる、優しくも陰りのある旋律。時には哀(かな)しみをたたえた聖歌のように響き、時には饒舌(じょうぜつ)に語りかけてくる。言葉にできな…

    (2018年09月22日 14:20)

  • 村上“ポンタ”秀一 悟りの境地学ぶ日々

     最近「神」が安っぽくないか。ちょっと目立てば、すぐ枕に「神」が付く。見聞き経験したことがない事柄となれば、無自覚に「神」の名を呼ぶ。神はそんな地上レベルにまで…

    (2018年09月15日 14:33)

  • 遊佐未森 生・歌・音の三位一体

     言葉はもちろんだが、楽器が奏でる音の一つ一つが、音楽への思いを含めて、いつも丁寧に織り込まれていて、何ひとつ粗雑に扱われているのをみたことがない。しかも、必要…

    (2018年09月08日 14:22)

  • カニサレス 自由と理論で壮大な伝説を

     フラメンコとクラシック音楽、ふたつの領域に精通するフアン・マヌエル・カニサレス。近年スペインの大家アルベニス、ファリャ、グラナドスやスカルラッティ作品に独自の…

    (2018年9月1日 15:02)

  • 春畑道哉 劇的なナマの感動を

     記録的な猛暑で終わろうとしている平成最後の夏。TUBEのギタリスト&コンポーザー、春畑道哉はこう言って笑った。「この暑さにちょっとビビってますけど、野外ライブ…

    (2018年8月18日 14:24)

  • ジェイソン・ムラーズ 内なる愛を知る手紙

     出身地である米カリフォルニアはサンディエゴの陽光のような、ポジティブな空気感に満ちあふれたサウンドと歌で、世界を魅了し続けるジェイソン・ムラーズ。環境保護や災…

    (2018年08月04日 15:05)

  • ピーター 並行世界の休暇改革

     「働き方改革」なんて国が言ってくるとは思わなかった。そのおかげで余計に会社仕事が増えた。サラリーマンは心から思う。「本当の休みが欲しいんだ!!」と。 「そうな…

    (2018年07月28日 14:31)

  • ケイシー・マスグレイヴス 伝統×未来が心を癒やす

     最新作「ゴールデン・アワー」で7月4日に日本デビューしたケイシー・マスグレイヴスだが、ソングライター時代を含め、そのキャリアはすでに15年に及ぶ。2013年に…

    (2018年07月21日 14:23)

  • 相田翔子 30年の夢と現実を歌う

     思えば、1989年は、たくさんの記憶に残る事柄が発生した。昭和天皇が崩御し、世は平成に変わった。天安門事件が起き、ベルリンの壁が崩壊した。バブル経済は絶頂を迎…

    (2018年07月14日 15:02)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 花嫁行列 思うのはあなた一人 愛知・半田
  2. 雑記帳 サッカー元イタリア代表FW、デルピエロ氏…
  3. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. 大村益次郎 没後150年 生誕地に砂で20メートル家紋

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです