メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

ホットな話題をテーマに、それぞれ立場を異にするスペシャリストたちの練り上げられた「論」を紹介。基本は水曜・金曜更新。

  • 新型コロナ 「9月入学」を考える

     新型コロナウイルスによる休校の長期化を受け、生徒らの進級・卒業時期を遅らせ、入学時期を来年から9月に変更する案が急浮上している。政府は6月上旬までに論点や課題…

  • 「同一労働同一賃金」

     正社員と非正規社員との格差是正を目指す「同一労働同一賃金」制度が4月に始まった。すでに大企業では導入が始まり、中小企業は来年4月から全面実施となる。この制度に…

  • 検察幹部の定年延長

     政府の裁量で検察幹部の定年を延長できる検察庁法改正案をめぐり、国会の論戦がヤマ場を迎えている。時に最高権力者の逮捕も辞さないなど「政治権力」とは緊張関係を築き…

  • 新型コロナ 自粛と向き合う

     公園で遊ぶ子どもを警察に通報したり、営業中の店に嫌がらせをしたり。新型コロナウイルス感染拡大で、「自粛」をめぐる温度差が広がっている。より強い私権の制限を求め…

  • デジタル通貨の行方

     米フェイスブック(FB)がデジタル通貨「リブラ」発行を計画している。各国当局の反発が大きく、発行時期はずれ込んでいるが、米国と世界の覇権を争う中国もデジタル人…

  • プーチン20年の功罪

     ロシア大統領にウラジーミル・プーチン氏(67)が就任してから7日で20年となる。旧ソ連崩壊後の混乱を収拾して国を立て直した。一方で、強権的な統治手法は摩擦を生…

  • 新型コロナ 広がる「格差」

     新型コロナウイルス感染が拡大し、緊急事態宣言が出される中、社会や家庭で深刻な「格差」問題が浮き彫りとなっている。貧困、ジェンダー、そして教育……。しかも「ステ…

  • 新型コロナ 経済危機、国の役割とは

     世界中に流行した新型コロナウイルスが経済の息の根を止めようとしている。国境を越えた人やモノの移動は制限され、生産活動も縮小。各国政府と中央銀行は政策を総動員し…

  • 新型コロナ 「恐れ」とどう付き合うか

     新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大を抑えるため、政府は7日、7都府県に緊急事態宣言を出し、16日には全国に拡大した。各都道府県知事の要請を受け、外出を自粛す…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 経済悪化で待ち切れなかった首相の緊急事態解除 経済回復手探り、第2波の懸念

  5. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです