メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たまてばこ

  • 3443回

     午前6時。長崎市橋口町の宮崎タエ子さん(79)はベッドから体を起こし、仏壇に手を合わせる。それから手作りの弁当をリュックサックに詰め、近くの岩屋山へ向かう。標…

    (2017年9月23日 15:33)

  • アイラブADHD

     閉園後、人けのなくなった「ときわ公園」(山口県宇部市)の遊園地。市内のウオーターアート作家、堀川玄太さん(23)は音楽に乗り、コンクリートの地面にバケツの水で…

    (2017年9月16日 16:28)

  • 世界を変える力

     全身の筋力が低下する脊髄(せきずい)性筋萎縮症を患い、顔と左手の親指しか動かない自らの体をコントで笑い飛ばす「寝たきり芸人」、あそどっぐ(本名・阿曽太一(あそ…

    (2017年9月9日 16:56)

  • 子思う畑

     7月下旬、福岡県須恵町の宮崎重人さん(62)は夏の日差しが照りつける畑で、丸々実ったカボチャの収穫に汗を流す高校生を見守っていた。2年前に中学校長を定年退職し…

    (2017年8月26日 17:07)

  • 母のスカーフ

     額縁の中、飛行服姿の青年が写った色あせた写真の横に、「母の力で一機一艦」と書かれた1枚の布がある。青年は、鹿児島県垂水市の元特攻隊員、福浦清香(きよか)さん(…

    (2017年8月12日 15:12)

  • 消さぬ「子雀」の灯

     「おなかはどんな具合ですか。一通り焼きましょうか」 佐賀市の歓楽街の外れにひっそりとたたずむ焼き鳥店「子雀(すずめ)」。昭和1桁生まれの女性店主、元村ツヤノさ…

    (2017年7月29日 17:22)

  • 医師の水術

     「助けてー」。5月5日、大分県豊後大野市犬飼町の大野川で開催された恒例のどんこ釣り大会。数千人の親子連れなどが小さな魚を釣って楽しむ中、子供の叫び声が上がった…

    (2017年7月1日 18:10)

  • SLに託す未来

     「石炭と鉄道と鉄工の街だった直方を忘れてほしくない」。蒸気機関車(SL)の保守、整備などに取り組む福岡県直方市のNPO法人「汽車倶楽部」の江口一紀理事長(56…

    (2017年6月17日 15:17)

  • 命の教室

     その真剣な目が、サッカーボールを追う子供たちを追っていた。「最後までこだわってプレーして」。福岡大出身で日本サッカー協会職員の今井祐樹さん(33)=東京=が声…

    (2017年6月3日 17:42)

  • アコーディオン

     どこか懐かしいアコーディオンの音色が、30平方メートルほどのワンルームに響く。「ふるさと」、故藤山一郎さんの「影を慕いて」、吉永小百合さんの「寒い朝」--。 …

    (2017年5月27日 17:29)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人生相談 次男の交際相手に納得できない=回答者・高橋源一郎
  2. 衆院選 投票したら替え玉無料 「一風堂」が「選挙割」
  3. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  4. ブラック彼氏 自分の仕事を熱く語る男はモラハラ系かも…見抜くポイントや対処法、弁護士が指南
  5. 日産 新車販売を一時停止 検査不備、全工場6万台

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです