メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たまてばこ

  • 戦争を知る者

     所狭しと本が積まれた自宅応接間。山口県防府市で「戦争体験語り部会」を主宰する青木岩夫さん(85)は、会の自費出版本の校閲作業に追われていた。「人間同士が殺し合…

    (2017年4月22日 16:07)

  • 映画看板絵師

     「幸福の黄色いハンカチ」「丹下左膳」。店内には昔懐かしい手書きの映画看板が並んでいた。福岡県田川市の看板店「篠原画房」。店主の篠原光雄さん(88)は現役の映画…

    (2017年4月8日 17:00)

  • 父の形見

     朝、マンションの一室に飾ったお内裏様とおひな様に向かって「おはよう」と声をかける。福岡市の元小学校教諭、城戸順子さん(74)のこの時期の日課だ。ひな人形は毎年…

    (2017年4月1日 17:31)

  • ダンスとともに

     JR宮崎駅前にあるダンススタジオに、テンポの速い音楽とダンスシューズのこすれる音が響く。平均年齢64歳の女性4人でつくるヒップホップダンスチーム「B-4(ビー…

    (2017年3月25日 16:56)

  • 骨董人生

     色とりどりの草花に囲まれた建物に足を踏み入れる。茶わん、皿、花瓶、つぼ……部屋の中に雑多な物が無造作に積み上げられ、壁は一面絵画で埋まっている。2階の4部屋に…

    (2017年3月18日 16:19)

  • 4コマの人生

     利き手と逆の左手で鉛筆を握り締め、時間をかけて画用紙にイラストを描き4コマ漫画を仕上げていく。8年前に脳出血で倒れた後遺症で右半身まひと失語症を抱える大分市の…

    (2017年2月25日 16:39)

  • 中越から九州へ

     2016年の暮れ、北九州市小倉北区の保育園副園長、藤岡佐規子さん(87)の自宅に、うれしい手紙が届いた。 「九州では大地震があり、その上に洪水や土砂災害が報道…

    (2017年2月18日 17:53)

  • ヘンって最高

     昨年のクリスマスイブ、長崎市の小泉容子さん(50)は修道院のシスター姿でJR長崎駅前のステージに立ち、ゴスペルソングを熱唱した。濃いメークにアフロヘアのかつら…

    (2017年2月11日 16:27)

  • 鉄板に描く夢

     「遠くからでもわざわざ来てくれる店にしたかった」。福岡市東区の箱崎九大前駅近くにある「ひろしまお好み焼 いしや」。店主の石田雅弘さん(35)が言う通り、開店か…

    (2017年2月4日 16:22)

  • 希望のハンドル

     「孫みたいな子供たちから毎日元気をもらえる。この仕事をしていて良かった」。熊本県南阿蘇村黒川の運転手、古庄幸男(ふるしょうゆきお)さん(62)は平日の朝夕、村…

    (2017年1月14日 16:41)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森友学園 国有地 不可解さ色濃く 籠池氏「昭恵氏」連発
  2. 世界の雑記帳 海軍画像にネットで酷評殺到、中国国防省が「不注意」認め謝罪
  3. 千葉女児遺棄 遺体から容疑者DNA 不明の夜、現場に軽
  4. ORICON NEWS 楽しんご、芸能活動激減も22キロ増 整体と接待で「いい生活です」
  5. 北朝鮮 「むかっとしてミサイル」元料理人に正恩氏発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです