メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者ノート

  • 疑惑の町議 /熊本

     個人口座に熊本地震の義援金を募り、詳細を明らかにしない御船町の田上忍町議。町政倫審も政治資金規正法などに触れる疑いがあるとし、疑惑を晴らそうとしない姿勢も問題…

    (2017年6月22日 10:17)

  • なぜ学ぶのか

     「ちょうど自分たちの代から新テストが始まるんです」。先月、千葉県内で開かれた大学入試の新共通テストについてのシンポジウムに、大人に交じって中学生の姿があった。…

    (2017年6月19日 02:07)

  • 大きな家族 /熊本

     先日、ダウン症の子どもたちの運動会を取材した。運営をサポートする大学生も多く、会場は温かい雰囲気に包まれていた。日本ダウン症協会熊本支部の浦辺聡史さん(49)…

    (2017年6月17日 10:14)

  • 復興と女子 /熊本

     復興需要で深刻な人手不足に悩む建設業界で、「女子力」に注目が集まっている。 県内の建設現場で働く女性たちは2月、「くまもと建麗(けんれい)会」を発足させた。昼…

    (2017年6月8日 10:51)

  • 先輩有権者の役目

     主権者教育に取り組む福岡県立城南高校(福岡市城南区)への取材を続けている。昨夏の参院選で同県の18歳の投票率は49.35%だったが、同校では投票日までに選挙権…

    (2017年6月5日 02:03)

  • 南阿蘇の魅力 /熊本

     熊本に赴任するまで阿蘇のイメージは北側の宮地や内牧が強く、南阿蘇村は知らなかった。 5月28日まで開かれた「南阿蘇庭めぐり」の事務局の舛田誠二さん(77)が「…

    (2017年6月1日 10:09)

  • 本物との出会い

     「芸術鑑賞の時間で落語をやることに決まったものの、誰を呼んだらいいのかわからない」--。愛知県小牧市の中学校で非常勤の国語教師を務める永井中穂(なかほ)さん(…

    (2017年5月29日 03:12)

  • ちんちんだぶ /熊本

     川辺川ダムで翻弄(ほんろう)された五木村のある地区にはかつて、7メートルほどの巨大な数珠を回すという珍しい「講」があった。旧暦6月15日、地区の女性が阿弥陀堂…

    (2017年5月25日 10:30)

  • 「つろうて」子育て

     島根県西部の益田市に豊川という中山間地域がある。少子高齢化が進み、人口は約900人。小学校は複式学級で病院やコンビニはない。 住民たちは2012年に「豊川地区…

    (2017年5月22日 02:49)

  • 大人とは /熊本

     17日で32歳になった。毎年、大人らしい落ち着きを身につけねばと思いながら実現せず、今年こそはとの思いを強くする。 新聞記者生活はリーマン・ショックが世界を襲…

    (2017年5月18日 10:13)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 離党届の豊田氏「あれ女性です」 派閥会合で
  2. 自民 「死ねば…」の暴言も 豊田真由子衆院議員が離党届
  3. 自民 豊田議員、園遊会でもトラブル 母親入場させようと
  4. ネット音声公開 豊田議員?「私の心をたたいている…」
  5. 自民 「逆風が暴風雨に」…豊田議員離党届で迅速な幕引き

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです