メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者ノート

  • 家庭クラブの挑戦

     福岡県立宇美商業高校3年の女子生徒3人が創作料理「明太子とこんにゃくの美人麺」で、高校生がアイデア料理を競う全国大会「ご当地!絶品うまいもん甲子園」に挑んだ。…

    (2017年12月4日 02:03)

  • 難しき人材育成 /熊本

     プロ野球の最優秀選手賞がパ・リーグはデニス・サファテ投手(ソフトバンク)、セ・リーグは丸佳浩外野手(広島)に決まった。丸選手は生え抜きだし、サファテ投手の日本…

    (2017年12月2日 10:24)

  • 話す力を測る

     京都工芸繊維大学は3年前から、英語の定期試験にスピーキングテストを取り入れている。世界共通語としての英語を使う能力を測るために大学が独自に開発した。そのテスト…

    (2017年11月27日 02:06)

  • もう当たらないで /熊本

     月に3回ほど、宿直やデスク当番のため、任地の水俣市から熊本支局に行って詰める勤務がある。昨年春以降、その日になぜか県内で大きな事案が発生するので、戦々恐々とし…

    (2017年11月24日 10:22)

  • 異文化への扉

     外国にルーツを持つ児童・生徒が増えている。国際協力機構(JICA)中部国際センター(名古屋市)で国際理解教育支援を担当する後藤千明さん(32)は「子どもたちが…

    (2017年11月20日 02:03)

  • 大災害の中で /熊本

     熊本地震前震でブロック塀の下敷きになり、死亡した男性(当時29歳)の遺族が、塀の所有者の刑事責任を問う告訴状を御船署に提出した。月内にも正式受理される方向とい…

    (2017年11月19日 10:28)

  • 大学生の選択

     先の衆院選で18、19歳の選択を紹介するため、東京都内の大学に通う3人に政党の公約などへの意見を聞いた。投票先は小選挙区、比例代表ともに自民党が2人、小選挙区…

    (2017年11月6日 02:04)

  • 一緒に過ごしてこそ

     脚本、演技、撮影などすべてを中学生が手掛け、2週間かけて映画を完成させるワークショップ。子供たちに考える力を育んでもらおうと、映画監督の佐藤武光さん(69)が…

    (2017年10月30日 02:06)

  • あれから15年 /熊本

     北朝鮮拉致被害者の5人が2002年10月、帰国した。羽田空港の特別機からタラップを降りる姿を鮮明に覚えている。新聞などで見ていた拉致被害者の年を重ねた姿が帰国…

    (2017年10月20日 10:21)

  • 公約の現実味

     衆院選は今回、2015年の公職選挙法改正で選挙権年齢が「18歳以上」に引き下げられてから初めて実施される。安倍晋三首相が政権公約に幼児教育の無償化を掲げたこと…

    (2017年10月16日 02:02)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 警視庁 警官が50キロ超過で走行、死亡事故 東京
  2. 新幹線 ドア開け忘れ、200人置き去り 名古屋駅
  3. 第90回選抜高校野球 21世紀枠候補46校出そろう
  4. 選抜高校野球 21世紀枠の候補校を発表
  5. 外れ馬券訴訟 経費と認定、課税取り消し確定 最高裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです