メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プレスルーム

  • 「まさか」に備える /三重

     4~6日にかけ記録的な豪雨に見舞われた県北部。「まさかここで大水が出るとは」「これまで風の被害はあったが、大雨の被害は記憶にない」。川が越水した地域の住民から…

  • 防災・減災の影響 /三重

     記録的な大雨に見舞われた北九州。佐賀の友人が「駅前の冠水で会社に出勤できなかった」と水害の怖さを伝えてきた。 お盆には台風10号が襲来した。毎年、多くの人が訪…

  • ペットが家族に /三重

     糖尿病が悪化し介護していたボストンテリアの愛犬「虎(とら)」が今月初め、亡くなった。ここ2年間はおむつが欠かせず、朝晩のインスリン注射が日課。最近は白内障で目…

  • 祖父の話 /三重

     亡くなった祖父は海軍兵だった。海外の戦場で戦ったことや、ゼロ戦の整備兵だったことなどを幼少期から教えてくれた。ただ子供の頃は興味が持てず、聞き流していた。 終…

  • 1回でも多く校歌を /三重

     夏の甲子園に県代表として出場した津田学園が、7日の初戦、静岡戦で接戦を制した。選手たちが整列して校歌を笑顔で歌う姿に、私も胸の奥に熱いものがこみ上げた。 今年…

  • コメディアンの勉強 /三重

     「転び方、見てな」。ベテランのコメディアンが共演の若者に舞台の袖で声をかけた。ベテランの役は火消しの頭領。重々しいBGMと共に貫禄たっぷりに登場した途端、つま…

  • 参院選と年金問題 /三重

     21日に投開票された参院選で、「老後資金2000万円」が話題になった年金について複数の有権者の声を聴いた。 松阪市の70代の男性は妻と2人暮らし。就職氷河期に…

  • 台風シーズン到来 /三重

     今年も大雨や台風のシーズンがやってきた。前回の衆院選の投開票日(2017年10月22日)に襲来した台風21号による伊勢市や玉城町の浸水被害は記憶に新しい。 不…

  • 問題でなく個性で /三重

     川崎市の殺傷事件で、容疑者がひきこもり傾向にあったことが報じられ、その後「ひきこもり問題」が注目されるようになった。県内ではひきこもり相談件数が増加していると…

  • 古里の医療を守る /三重

     「もう崩壊寸前でした」。いなべ市の基幹病院「いなべ総合病院」の奥田聖貴事務部長はイバラの道を振り返る。 最大11人いた内科医が数年前から退職などで減り始め、昨…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ジオラマで表現したいのは『機動戦士ガンダム第08MS小隊』の“泥臭さ”、「ザクが最も輝くのは裏方の役回り」

  2. 政宗の隠し子宛て書状か 佐沼亘理家の初代当主へ 宮城

  3. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. 出動現場で高級腕時計盗む 容疑の巡査部長逮捕 栃木県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです