メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊サッカー・リターンパス

  • 戦争でも奪えなかった

     日本だけでなく世界中のスタジアムから熱狂が消えて久しい。新型コロナウイルスは欧州でも猛威を振るい、各国のリーグ戦や欧州最強国を決める欧州選手権が延期となった。…

  • 勝敗ポイント、逃さぬ目

     今季のJリーグが始まった。連覇を狙う横浜マ、昨年2位のFC東京、相変わらずのうまさを見せる川崎がまずは優勝争いの第1グループだろう。 イニエスタが攻撃を率いる…

  • 総合的判断、あくまで主審

     主審はこれからも、試合をコントロールし続けることができるのだろうか。映し出される映像との新たな闘いが始まるのではないか。そんな疑問が頭をよぎる。 タイで開かれ…

  • J2に厳しい入れ替え戦

     90分間の結果は引き分けなのに、一方は歓喜に沸き、他方は悲嘆に暮れる。理不尽さは否めない。 J1・16位の湘南と、J2・4位の徳島による14日のJ1参入プレー…

  • 国内組は全力尽くせ

     相撲で言えば、完全に立ち遅れた。 序盤からミスでボールを失う。守備が整っていない状態で攻め込まれる。しのいでも、苦しい態勢からの攻撃なので、またミスが出る。そ…

  • 「一生懸命」な湘南貫いて

     J1湘南の魅力は「一生懸命さ」にある。小さなクラブゆえ満足な戦力ではないが、強豪相手にひるまず、前へ前へと挑み続ける姿勢が「湘南スタイル」と、サポーターの共感…

  • CBの進化、吉田が先導

     カシマスタジアムで5日に行われた男子の日本とパラグアイの親善試合のキックオフ直前、4―2―3―1の布陣にGKを加えた11人を見て、「日本のサッカーもここまで来…

  • 鹿島、世界へ挑む子会社化

     J1の鹿島が、フリーマーケットアプリ大手のメルカリの子会社となる。メルカリが鹿島の運営会社である鹿島アントラーズFCの株式61.6%を取得し、経営権を握る。 …

  • 欧州への移籍、避けられず

     Jリーグのクラブはもう、欧州からのたび重なる「求愛」を拒めなくなってしまった。 J1で首位に立つFC東京から久保建がレアル・マドリード(スペイン)へ移籍したの…

  • 躍進の30年、支えた愛情

     平成元(1989)年はサッカーにとってどんな年だったか。 前年のソウル五輪出場を逃した日本代表は、メキシコ五輪時のGKだった横山謙三監督の2年目。両ウイングに…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿区、困窮者に退出促す ホテル滞在、東京都の延長知らせず

  2. 「どんな思いで亡くなられたのか」めぐみさんの同級生、声を詰まらせ 横田滋さん死去

  3. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  4. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  5. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです